振り返り

新年度でもあり、平成か終わることもあり、自分を顧みる機会にさせてもらっています。

これらの記事は一人で黙々と書いているので、誰もチェックすることなく投稿されます。

ですから時間をおいて自分で何度も思考を整理し、編集することが必要になります。

その日のエネルギーは必ず言葉に乗っていて、タイムマシンのように自分の当時の心の在り方をつきつけられます。

大切なことは、少しの波もたたない湖のような静寂な心で書くこと。

これが最善の思考を導き出すための状態なのではないかと思います。

ところが人と関わる場合、様々な事象が起こります。冷静に対処しトーンダウンしてから毎日投稿したはずなのですが、文章にそれが表れてしまうことがあります。

せっかく命の時間を使って読んで下さる方のために、ブラッシュアップは当然の責任であり、また編集作業もこまめにしなくてはと折を見て整理しています。

誤字脱字だけでなく、最善ではないエネルギーをできるだけ排除するためには、編集作業でさえ静寂な環境が求められます。

本来はWiFiの繋がる、誰もいない島などに籠って書いていたいのですが、家族もおりますのでそういうわけにもいかず、何卒ご容赦下さいませ。

書くことは徹底的な利己であり、それがもしも利他に繋がるなら幸いです。

言葉のエネルギーに集中していると、自身の言葉からも同様にそれを感知することで、自省の材料となっています。

未熟な自分と向き合い、さらに思考の自由性を追及していきたいと思います。

そよ風のように、ふと頰を撫でるだけで、消えてなくなるような存在でありたいと願います。

 

読者の皆様、いつも、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です