自己と意識

自己をつき詰めて考えていくことが、誰かを理解することや他生命を理解することに繋がるように思う。

相手の気持ちに立つということは、人間を理解して想像を張り巡らせるということで、そのために基準となるのは先ずは自分で、それを軸に各々の僅かな差を認めていくということになる。

自分を理解することがあまりにも漠然としすぎていると、セルフコントロールさえできずに、イレギュラーなことが起こればパニックになってしまう。だから、占いなどで自分を探りたくなるのだろう。

 

土を理解することは自分を理解すること。

植物を理解することは自分を理解すること。

動物たちを理解することは、自分を理解すること。

そして最終的に宇宙を理解しようとするとき、さらに深い思考が生み出される。

 

カレル・チャペックが

鉢の中に宇宙がある

と云うように、バラを育てていて、それに気づいた。

ハムスターの中にも宇宙があった。

自分をどこまでも分解していけば、宇宙になるのだと思う。

私達をつくる主な構成元素は、酸素、炭素、窒素、水素、リン、硫黄であり、人間だけに限らず、生命体は皆バラバラにすれば元素になるはずだ。

では、その元素がくっついた先に細胞があり、菌があり、自己があるとして、この意識が有機化合物から生み出されると考えるなら、言葉を話すとか、目があるとか、足があるとか無いとかではなく、有機化合物全体に意識があるのかもしれないと考えることもできる。

となると、昆虫にも意識があり、当然植物を焼いたり引っこ抜いたりしても意識があり苦痛を感じているかもしれない。下手をしたら水にも土にも意識があるのかもしれない。

私達の細胞一つ一つは毎日生まれたり死んだりしているけれど、もしかしたら精子一匹にも意識があるかもしれないし、腸内細菌一つ一つにも意識があるかもしれない。その意識の集合体が自分で、自己意識はそれらの意識の融合から来るものなのかもしれない。

 

身体が失くなればどうなるのか。

例えば事故で両脚を失ったとしよう。

それでも意識は確かである。

では、脳を失えば?

心臓を失えば?

つまり死ぬということだけれど、本当に意識はなくなるのだろうか?

表現できないだけ、という可能性もある。

 

私達生命体の構成元素はどこから来たのか?と考えるとき、それは地球であり、宇宙ということになる。

だからつきつめていけば、宇宙に到達する。

しかし、その宇宙も本当に在るかどうかはわからない。私達ホモ・サピエンスが創造したものかもしれない。そうすれば結果的に、意識へと帰結してしまう。

 

意識から宇宙へ、宇宙から意識へ。

これが脳のシナプスの働きだとか電気信号だとか……それもホモ・サピエンスが創造したお話だとしたなら……。

何が本当で何が嘘なのか、結局わからない。

 

学問とはみな、クリエイターが創造したお話だと捉えている。

宗教も同じく。

スピリチュアル系のロジックも同様に。

 

リアルを徹底的に見ようとしても、最終的にそのリアルが何なのか、人間にはわからない。

死んでみないとわからないかもしれないし、死んでみてもわからないかもしれない。

こんな風に日々思いを巡らせていると、一つの生命体である人間が、限定した何かを盲信したり、または何かに傾倒したり、執着したりすることがとても馬鹿らしくなってしまう。

何かに意味づけし、お話を創造するのはとても面白いし興味深い。けれどもどんなに面白い話を創っても、真実はわからないということを決して忘れたくはない。

誰かが描いた世の中のストーリーの中で、平和で穏やかではない時間を過ごしてしまうことは、操作されたマリオネットのようで、ちっとも面白くはない。

「仕事」という、日本人の考えた特有のエネルギーの使い方を絶対として、それに繋がらないことは無駄だと胸を張る人もいるが、自分が行いたい生命活動とかけ離れている方が無駄なのではないかとも思う。

食欲、性欲、金銭欲、承認欲なども、これらが脳内ホルモンや電気信号のなせる技だという話を信じるなら、いったい私達は何に動かされているのだろう。

本来このようなことを考えれば、所詮すべてが無意味だと投げやりになるのだろうけれど、何が本当かわからないからこそ、懸命に生きている命をとてもとても愛しく感じるのだと思う。

人間だけでなく、虫も、花も、動物たちも、魚も、すべての生命に価値がある。

「謙虚」という言葉を使うなら、自己という存在または人間が、決して偉そうな「自分」というものではなく、こうした元素や細胞や菌類のおかげで出来上がっていることや、地球上の生命体の循環で出来上がっていること、それは他生命も同じであることを自覚し、もしかしたら意識は有機化合物すべてにあるかもしれないなどと考えてからにしたい。

そうすれば、どんな命にも価値はあると思えるし、死に逝く他生命に心から感謝もできる。

そして、自分の意識は幸福でしかないだろう。

単なる有機化合物のはずなのに、確かに他生命と意識と意識の融合のようなものは感じとれるし、愛し合う感覚もある。

大切な存在が消えてなくなると、涙が止まらない。

もし本当に地球という星や数え切れぬ生命体が懸命に生きているとするなら、それを人間が簡単に殺してしまうことに、きっと誰もが深い悲しみを覚えているだろう。

 

平和で他生命と共生できる「お話」を、皆で創造していきたいと願う。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です