ハラスメント

日本は村八分に始まり、子供のいじめ、果てはどこかの教師のように、何十年も生きているおばさんが若い教師に幼稚な犯罪をおかすなど、セクハラ、パワハラ、モラハラなどというハラスメント大国です。

サービス業などにおいては、些細なことで店員にクレームをつける大人たちも多くいて、スタッフは落ち着く暇もなく、緊張状態の中で仕事をしたりしていて同情するばかりです。

ハラスメントに走ったり、個人を批判する人々をよく観察してみてください。大抵「セルフコントロール」のできない人々です。子どものいじめの場合は複雑ですが、セルフコントロールができないという部分は共通していると思います。

犯罪もしかりでしょう。(いじめという言葉は平和的な解決ができない人がする都合の良い自己正当化のワードですね)

つまり自立できない人々が、目の前の報復しないであろう人に、個人、または集団で「故意」に日頃の自分の憂さを晴らす、頭の良いはずの「ホモサピエンス」とは思えない不思議な行為です。

自分でその人生を選択しておいて、隣人の幸せや頭の良さや、通帳の印字の桁をねたむ人々も同様でしょう。

これらを傍観する人も同様の価値観なのかもしれません。

大多数が傍観者ということは、大多数がハラスメントを行う人々と同類です。そういう人は自己正当化のために、自分とは異なる人を批判し、その存在を世界から葬ろうとします。

村八分もそうですし、いじめもそうですし、陰口も、人の不幸を好きな人も全部そうですね。

でもターゲット以外の人には善人仮面を被って「綺麗事」を話します。なぜ「綺麗」なことを話さなければいけないのか?自分で自分の考えが綺麗でないと自覚している人だからですね。つまり、よくない考えを持っていると自覚し、正直に話せば群れから排除されるともわかっているからこそ「故意」に「綺麗」な言葉に置き換えなければならないのですね。

でも残念ながら、人々はいつも誰が「綺麗な事」を話しているのか知っています。裸の王様なのです。本人だけが気づかれていないと思い込んでいます。ニンゲンはそんなにバカではありません。

ターゲットがいなければ何を言っても分からないと思っている人は、聴覚しか感覚がないと思い込んでいるのかもしれません、

見えないところでやればばれないと思っている人は視覚しかないと思い込んでいるのかもしれません。

人間ごときに人間の感覚など全部説明できません。脳のR領域はわからないからR領域と呼ばれるのでしょう。腸が脳と同じくらいに思考に影響しているとか、筋肉が自分にとっての正しさや間違いを判断しているとか、私たちには解明できない感覚がありすべてで察知しているはずです。

だから自分に誰からどんなエネルギーが発せられているのか感知したりしますし、いずれその証拠ははっきりと事象化したりします。

違和感を覚える相手はやはり「違和感」なのですよ。そういう感覚器が私たちには備わっているのだと思います。

大人になって多種多様な人や生物がいると知っていながら許容できないと、自己正当化のためにその対象をモンスターにしたてあげます。絶滅に追いやられる狼などもそうですね。

いえ、どんな生き物も地球が生かしてあるから必要なのですよ。でも、自己正当化したいなら他者の人生を邪魔するのではなく、自分の人生を満足できるようにエネルギーを使うことが、私たち義務教育を税金でうけさせてもらい、他国の資源を搾取し、牛や豚や鳥を虐待しながら喰らって命に代えさせてもらっている「賢いホモサピエンス」のすることではと思えて仕方がありません。

周囲を見渡してみてください。

セルフコントロールのできない大人の言うことを未来を担う子どもが信じるわけはありません。「綺麗事」は通じないのです。

ハラスメントをしている人、傍観している人、人をネタむ人、自分に嘘をついて生きる人、などはネガティブなことに命を使うために仕事をし、働いている可能性があります。

 

それが幸福ならそのように生きればよいと思うのですが、そうでない人を邪魔するのはやめましょう。

案外人間は嘘はつけないものです。

嘘つきは必ず正直な人を嫌います。だから嘘つき同士で世界を作れば幸せですね。

ハラスメントが楽しい人はハラスメントが好きな人同士で、当番制にでもしてターゲットをきめて楽しんで生きればいいですね。

動物はどう生きるのも自由です。

今も昔も人々が命の時間を使って働いて納めた税金で子ども達に義務教育を受けさせてくれています。それを自ら受けたのなら、最低限、その恩に感謝くらいはして、自分とは幸福の基準が真逆の人たちとの人生を邪魔するのはよしてほしいものです。

でも先に述べた裸の王様しかり、ニンゲンは嘘つきなようでいて、なかなかうまくは嘘はつけていないんですね。

自分が正当化されない意見に「いいね」は絶対おさないし、応援もしないものですね。排除の気持ちが働くからです。だからその人が付き合う人を見れば簡単にわかります。

そういう視点を持って、いまの自分の哀しみや辛さを判断してください。
あなたが関与する人々が真逆だから苦しいことが大半だと思います。

ならば本当に共感できる人のところに行きましょう。

正誤はないし優劣はない、善悪もないし、あるのは個人的な好き嫌いくらいです。

共感できる人の価値観は自分の中にある価値観です。

そういう人を仲間と呼ぶのだと思います。毎日共に活動していても仲間とは限りませんね。

明日死ぬかもしれません。

本当の仲間と本当に納得できる生き方を逃げずに選択していきたいなと思います。

今日も皆さんありがとう。

FIJIにて

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です