世界の変え方

赤ん坊の頃、何も知らずに生まれてきます。

どんな母親なのか、どのような父親なのか。どんな場所に生まれ何を正しいと洗脳されていくのかも。

生まれた場所や親によって、赤ん坊の思考回路は形成されていくでしょう。

どんな人も何かしら思い込みを持っていて、自分の脳を疑うことは容易ではありません。

面倒ですが、この世には段階というものがあるようです。

悪意なき赤ん坊は、正解などないのにこれが正しいとおしつける親や大人により、無限の可能性を潰されます。

そして、殆どの人が周りの行動を見ながら自分は正しいのだと言い聞かせ安心して進みます。

昨今のような誰かの描いたシナリオを信じ込んでロボットのように動く人々が現れてくると、何かで操作されなくても既にマリオネット化は現実になっているようにも見えます。

ですが、そんなマリオネットにも、ときに我にかえるような暴露話に出くわしたりもします。

その暴露話が善意のリーク者による事実だとしましょう。それに納得し、だいたい信じたとして、ではどうすればよいのか…。

ただ怖がるだけでは覆すことはできません。あなたの世界は恐怖一色で終わります。

何もかも同じなのです。

赤ん坊の頃、親に正しいと言われたことを信じたばかりに、物事をゼロから考える力を失います。

でも退化しそうになった第六感により、誰かの創ったお話に違和感を持ち、その裏の目的に辿り着いたとしましょう。

でも、あえてそれを脳から削除するのです。

それが事実かもしれないけど、自分の世界にこいつは要らない……的なイメージで、存在すら記憶から消しましょう。

これで自分の世界に不幸はやってきません。

もしも、その事実を怖がり、不安になり、そして、そのシナリオのキャストになってしまったなら、それを荷担者と呼ぶのです。

自分の脳の誤作動だと言い聞かせ、記憶から消します。永遠に。

大きなことを成し遂げるにはたくさんのエネルギーが要ります。そのシナリオを信じて疑わない人々のエネルギーはシナリオライターと同化し、ライターの思考の現実化をする一助になってしまうのです。

数年前、予防接種なしで電気ガス水道のないアフリカの村に滞在しました。村の人の家でご飯を食べ、たくさんの人と握手しハグしました。自分は大丈夫だと決めているので思考は現実化します。病気にはなりません。

このくらいの思考の現実化なら一人でできます。

ところが、ほぼ全員が信じて疑わない、下半身不随になった息子が生涯歩けないというお話=誰かの洗脳=机上の空論ですが、あれを覆すには、この人ならやるかもしれないという、私を信じてくれるたくさんのエネルギーを必要としたのです。

逆説を信じている人の思いが強すぎると、そちらが息子の未来を現実化してしまうのです。それらは私の思考を阻みます。

私ならできるかもしれない……そう本人や周囲が変化したことで息子は歩いたはずです。それをまとめたのがこれです。

赤ん坊の頃、無限大にあった可能性を親によって潰され、ニンゲンの作ったお話を一旦信じて勉強なるものをしてみて、それが本当かどうか確かめ、次に国やビジネスというモノの目的や意図を考え、そこに乗っかる人生が良いのか良くないのか選択します。

所謂裏話などを聞く機会があったとして、信じていたことと事実が異なることを目の当たりにしたとしても、所詮それも自分の脳のなせる技だと考えるのです。

そして、自分の脳さえ疑う。

それを突破口に何もかもが虚構だと理解できました。

真実は虚無 リアルはファンタジー

なのです。

自分さえ例外ではありません。

つまり、人は皆、自分が創造したお話の中に住んでいるのです。

他人の創るお話に興味が持てません。

無意味な動物の殺戮、大気汚染、農薬だらけの食べ物、金の独占や人々の支配、どれもこれも嫌悪する話ばかり。

だから、思ったのです。

自分の記憶から削除してしまえと。

誰かの創るお話に乗って、信じて、その人の思考が現実化するのを助けてあげるつもりはまったくありません。

戦う必要もなく、逃げるのでもなく、削除するのです。記憶から。

大抵の人はデシリットルの計算を忘れています。あれと同じ。記憶から消去するのです。

情報は風のように流し、自分の好きなものだけ集めましょう。

恐怖に生きる人々は多分同調しあい、私達には縁のないシナリオの世界にキャスティングされるでしょう。

私は自分のシナリオを自分で描きたいのです。シナリオにさえ、ある種の美しさを散りばめたいのです。

私の場合、リスク回避は大切な人のためにあります。その人たちが他者のシナリオを信じていると知っているから、そのシナリオに合わせた回避法を考えて、提示する必要性が出てきてしまいます。言語の翻訳のようなものです。そのために、こんなことを書いているのだと思います。

不安と恐怖は、暗く不幸なシナリオに同調してしまいます。今後、創造性の高いシナリオを描く人々と、世界が分断されるかもしれません。

どのみち、世界とは個々が電気信号で感じて具現化しているファンタジーに過ぎません。

もしかするとこの世には地球なんて存在しないかもしれないのです。

もし、あなたが、いま幸せになりたいと真に願うなら、自分にとって美しくないものは記憶から消してしまいましょう。

それが私の考える世界の変え方です。

 

今日も皆さんありがとう。

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です