世界の変え方

赤ん坊の頃、何も知らずに生まれてきます。

どんな母親なのかどのような父親なのか。どんな場所に生まれ何を正しいと洗脳されていくのかも。

生まれた場所や親によって、赤ん坊の思考回路は形成されていくでしょう。

どんな人も何かしら思い込みを持っていて、自分の脳を疑うことは容易ではありません。

赤ん坊は、正解などないのに正しさをおしつける親や大人により、無限の可能性を潰されます。

そして殆どの人が、自分の心ではなく周りの行動を見ながら、これでいいのだと自分を言い聞かせ進んでいきます。

昨今のように誰かの描いたものを信じ込んでロボットのように動く人々が現れてくると、まるでマリオネットのように見えます。

恐ろしい裏話を聴いたとしましょう。

話を大筋で信じたとして、ではどうすればよいのか…。

ただ怖がるだけでは覆すことはできません。

あなたの世界は恐怖一色で終わります。

あえてそれを脳から削除するのです。

なかったかのように。

その存在を記憶から消しましょう。

これで自分の世界はいつも通りです。

もしも何かを怖れ不安になり、そのキャストになってしまったとき、あなたはその世界の住人となります。

それは他人のファンタジーなので、他人の世界が出来上がってしまいます。

ライターと同化し嬉しくもない世界が大きくなっていきます。

みな自分で信じた世界を視ているだけのことなので、大切なことは何を信じるか、です。

 

『腰椎を失い下半身不随になった息子は生涯歩けない』というほぼ全員が信じて疑わない机上の空論ですが、あれを覆すのは容易ではありませんでした。

それを信じている人の思いが強すぎると、それらは私の幸福な思考の現実化を阻みます。

「この人ならやるかもしれない」という、私を信じてくれるたくさんの人の意識が必要でした。

それをまとめたのがこれです。

 

 

真実は虚無 リアルはファンタジーです。

つまり人は皆、自分が信じるファンタジーの中に住んでいるのです。

 

私は他人の創るお話には興味が持てません。

だから、こう考えたのです。

賛同できないお話は自分の脳裏から削除してしまえと。

記憶には単なるファンタジーとして留め置く程度にします。

戦う必要もなく逃げるのでもなく、削除するのです。

自分の真実は自分で選択できます。

自分の好きなものだけ集めましょう。

私は自分のシナリオを自分で描きたいのです。

そのシナリオには、ある種の美しさを散りばめたいのです。

どのみち世界とは、個々が電気信号で感じて具現化しているファンタジーに過ぎません。

もしかするとこの世には地球なんて存在しないかもしれないのです。

私は観たことがないので何とも言えません。

もしあなたがいま幸せになりたいと真に願うなら、自分にとって美しくないものは記憶から消してしまいましょう。

そういうときに、例外や奇跡が起こるのです。

それが私の考える世界の変え方です。

 

今日も皆さんありがとう。

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です