ミルキー大好き

同じ雌なので、とても気が合いました。

彼女はすごく行動的で、どこにでもよじ上って、餌や巣材の箱の中に壁伝いに入ったり、棚をのぼって、テレビの後ろから出てきたりかくれんぼしたりする変な子でした。

コニーサンの次に私に全面的に飛び込んで来る子で、手を差し出すと、なめまわり、しがみつき、冬にはいつも私の太ももにくっついて眠っていました。

今日の15:51分、私の掌で逝ってしまいました。

数日前から表情が変で、トイレに入れなくなり、2日ほど前から餌も急に食べなくなりました。

食べなくなると彼らはいよいよです。

今年は3月にウータン、5月にコニーサン、昨年はローリー、ココトゥンも看取っているので、わかるのです。

病気ではないので、寿命でしょう。

ココトゥン同様、最後まで自分で動こうとしていました。ケージには帰りたくなさそうなので、お気に入りの空き箱で寝かせていましたが、私が横になって覗いていると私の胸のあたりにくっついて座布団の上で眠り始めました。

そこから、また移動して掌に乗ってきたかと思うと、すぐに昏睡状態に陥りました。

ギリギリまで自分ひとりでいたいように見えました。とても、身体が辛かったのだと思います。

彼女の意向になるべく添えるように努力しました。

お水もノニもヨーグルトも拒絶していて、いつも掌からなら餌をたくさん食べる子だったので、水を掌からあげてみると、なんとか飲んでくれました。ライ麦パンが好きなので、分けてあげると、すこしだけ食べてくれました。それが最後の食事でした。

夜中に出してくれというので、よく出してあげました。ベランダにも、コニーサン同様、よく葉っぱを食べさせてあげようと連れて出ました。そういうときは、逃げずに掌でじっとしてる子でした。

掌で目を閉じるミルキーは、ココトゥンが死ぬときを思い出すほど、よく似ていると今日になって気づいたのは、ミルキーはミルキーだったからなんでしょうね。

来月二歳だったのに、誕生日を迎えずに突然逝ってしまいました。

 

また、私が独りで自宅にいる時間でした。

ココトゥンも、ウータンもコニーサンもそして、ミルキーも、どうして最後に私なんかにくっついて来るのかわかりません。

閉じ込めているのは私なのに。

自由を奪っているのは人間なのに。

ハムスターたち全てに伝えたいです。

今度生まれて来るときは絶対に、人間なんかに見つかるな、と。

ミルキーからもたくさんの幸せをもらいました。

可愛い可愛い私の仲間でした。

 

私のところに来てくれてありがとう、ミルキーとん。

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です