子どもは我が子であっても別の人

私には三人の子がいます。

彼らは私の身体をとおして

この世に生まれでた私とは別の人です。

とかく母親は、臨月までお腹に子を育み、独り立ちするまで見まもらなければならないため、我が子を自分の所有物のように勘違いしてしまいがちです。

生まれ持った性質はなかなか変わりません。

他人を変えるのが無駄なように、我が子の本質を変えることも容易ではありません。

私も長男の幼少期は、自分と異なるところを、なかなか理解できませんでした。

そのせいで、特に彼には辛い想いをさせたと反省しています。

三人の子を産んで、それも父親の違う子を産むと、各々の違いがよくわかります。

私のところには、よく親がわかってくれないと嘆く若者が集まりました。

母親は子どもをコントロールしようとしているように思いました。

恐怖だと思います。

可愛いからこそ、自分の知らない世界に行ってしまう恐怖。

ずっと一緒にいたいからこそ、恋愛をしたときに、放れてしまう恐怖。不幸になるのではとの不安。

世間に合わさせないと、我が子が孤立するのではないかという恐怖。

でも、彼らは自分の身体を通ってこの世に生まれでた、自分とは異なる人です。個人に人生を選択する権利もあり、幸福を追求することを親が阻むことはできません。

私は、彼らとの出逢いにとても感謝しています。彼らに命を授けてくれた元夫にも感謝しています。ひいては、先祖代々感謝しています。

だから、彼ら個々を信じています。

生き抜く力を教えることが、親という役目をいただいた私の責務だと思ってきました。

強制するのではなく、背中を見せてきました。

すると、思春期にも誰一人荒れず、反対に私の幸せを願ってくれるような驚くことが起こりました。

時に意見はぶつかりますが、自然の摂理に逆らわないことであれば、傾聴することに努めます。

三人それぞれに、異なる性質と考え方を持ち、そのお陰で私達は役割分担が自然に出来、支えてもらってるのは、いまや私の方となりました。

きっとこれは、人間関係においても同じだと思うのです。

恐怖を手放すだけで、結果が変わることはあったと思います。

子どもという名の、一人の人を信じてあげてください。

彼らは無条件に愛してくれる素晴らしい存在なのです。

一人の人の人生を託された、壮大な事業が親という役割だと思っています。

離婚しても諦めないで。

離れていても見まもることはできます。

こうして、信じ合うことができれば

心はいつも繋がっている素晴らしい関係が築かれています。

目の前の、一番近い人間関係ですべての人が幸福を感じることが出来たら、大抵の憂いは軽減していくのではないかと思うのです。

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です