恋愛歴

個人的な話なので興味のないかたはスルーしてください。

よく男女ともに恋愛相談をうけます。

それをうけて、恋愛について整理しようと思い、初恋からまとめてみました。

初恋

初恋は小学三年生、五年間ずっと好きでした。

当時はとても大人しかったので、もちろん相手に告白などはしませんでしたが、6年生のころ相手から皆の前で告白されて、晴れて初恋は成就しました。

よくあることで、恥ずかしがって学校では無視され続け、それに疲れてバカらしくなっていつのまにか気持ちはなくなりました。

とても自信家の男の子でした。尊敬する人は両親だと答えていて、お母さんは母と私をとても気に入ってくれていました。

小学生の頃は目の前の友達や近所の子よりも、とかく距離感のある相手を好きになるのだなと感じました。

 

セカンドラブ

中学二年生で出逢った相手で、いつも私のことを真っすぐに見つめている長身の人でした。

当時同級生の男子は、大抵私に敬語で話しかけてきていたのですが、彼もいきなり私に

「瞳が綺麗ですね」

と言ってきたのを記憶しています。気障ですね。

クラスが違っても、廊下を歩く彼の足音を聞き分けられるくらい大好きでした。

高校一年生のとき、付き合ってほしいと言われたのですが、断ってしまいました。

お互いに好きな時期はありましたが、彼が結婚するまでことごとくタイミングが合わず、結局成就することはありませんでした。

 

18歳の頃、一回り以上も歳上の人と結婚しましたが、それでも彼のことはずっと好きでした。

私が結婚したあとも何度か友人グループで会っていました。

ある時、私が住んでいた街に彼が転職してきました。

私は既に二人の子どもがいて当時は離婚など考えられなかったため、二人で会うことはありませんでした。

数年後のある日、突如彼が結婚するのだという予感がしました。すぐに共通の親友に電話したところ

「俺は知らない」

すると、電話を切った五分後に、親友から折り返し電話があったのです。

「誰にも話してないのになぜわかったんだ?と驚いていた。職場の歳上の女性と結婚するらしい。お前のことは忘れないと言ってた」

彼は私や親友を急遽披露宴に招待することとなりました。

慶びの席なので泣きはしませんでしたが、帰るときに

「ありがとう」

と言っていつまでも私の手を離さなかったことを覚えています。

その数年後

「子どもが出来たんだ」

と女の子を抱いて私の夢に現れたときも、友人に確認しました。やはり女の子が生まれていました。

28で私が離婚したときに、連絡はしましたが、それきり会っていません。

いまは、いい思い出にかわりました。

 

一度目の結婚

高校3年間、アルバイトをしていた会社の上司でした。

付き合ってほしいと卒業前に言われ、断る理由もなかったので交際を始めました。

すぐに親に結婚したいと相手が話をしにきました。私は結婚する気はありませんでした。

就職して間もなかったし、子どもを欲しいと思ったことも結婚願望もありませんでした。

まさか三回も結婚するなんて、自分でも驚きます。私が母親になっているということさえ、同級生たちのイメージに合わないようで、

「ほんとに?ほんとに母親できてるの?」

などという失礼な言葉(笑)独身で大成するイメージが強かったみたいです。

一度目の結婚は押し切られた感じです。

一言でいうと『断りきれなかった』ということです。

母が初めて交際した父と結婚したため、それが正しいと10代の頃は思い込んでいました。

二人はとても仲が良く幸せそうだったからです。

ところが私にとっては清水の舞台から飛び降りるようなイメージでした。

だめなら別れようと思って婚姻届けを書きました。

姓を変えることに抵抗が強く名乗りたくなかったのを覚えています。

今はわかります。

好きじゃなかったんだと。

若気の至りですね。

でも、息子を産んだときの幸福感は何事にもかえがたく、病院から退院したくなくて困りました(笑)

次男を産んだときも、同様に家に帰りたくありませんでした。長男が待っているから帰らなくてはいけないのに、きっと愛がなかったのです。夫に。

本音も伝えたことがなく、他人として会話をしていました。25歳の頃、ストレスから両耳が聴こえなくなりました。

薬をいくら服用しても治らず、発作が起きて救急病院に毎月運ばれていました。

何をしてもいっこうに改善しませんでした。

子どもたちには笑えなくなりました。

相手を好きになろうと努力しても無理でした。

自分が幸せにならなければ、いずれ息子たちも不幸にすると思いました。

だから離婚しました。数年治らなかった難聴もほどなく自然治癒しました。

一番近い他人とのニンゲン関係の構築に、私は失敗しました。

ただ、息子たちとの絆は何処にいっても消えることはないという自信がありました。

彼らの父親には、息子たちをこの世に送り出してくれたことに心から感謝しています。

離婚は片方だけの責任だなんてことは決してありません。何も伝えなかった、試みなかった私にも責任はありました。

息子たちとの出逢いは人生最大の幸福です。

彼らの存在をなかったことには出来ないので、彼らの父親との出逢いにも感謝できるのです。

 

恋愛歴 2につづく

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です