序列

自分より思考回路を多く持つ人や「モノ」をたくさん持つ人を目の当たりにしたときに大抵の人は同じような行動をしてしまいます。

雀の群れを見ていても序列はあり、食べ物を見つけると強いものから食べるんですよね。弱いものは食べようとしても突かれて食べられずにじっと待っています。殆どなくなってしまった僅かな餌を食べているので痩せていたりします。

ああして先に死んで子孫は絶えてしまうのでしょう。

日本人の場合、通帳の印字の桁や肩書に媚び諂う人が多いように思います。著名人には媚び諂うけれど、そうでない人の命の時間は平気で搾取したりして、常にニンゲンに優劣をつけている様が見受けられます。

優劣とはゼロベースで見ると生命力のことくらいで、出身大学や企業の名前ではないと思っている私は、相手がヤクザだろうと政治家だろうと、下町の店主でもあまり大差を感じません。

私が着目しているのは生き抜くための身体能力と想像力、創造力のようなものです。

必ずしもシステム下の結果とは一致していません。

ニンゲンは自分の生命力が弱いのだと潜在的に判断していると誰かに依存し徒党を組むように見えますが、それも生き抜く智慧のひとつなのかもしれません。

けれど、もしもいま、核戦争ですべて失くしたら民は助かるのでしょうか。自分たちの命の時間を使って支払った税金で破滅させるのかもしれません。

選択する支配者を間違うと、子孫が生き残るための地球の生態系が失われたり、搾取され続けるという不条理な未来を自分の手で選び取り、結果的に自分の子孫も滅びる種になってしまうでしょう。

永遠など何一つありません。

ひとたび革命が起きれば価値が変わるかもしれないシステムだけではなく、子どもたちには生き抜く智慧を身につけさせ、強い身体を造る手助けをすることは必須だと感じます。

 

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です