自立

自分軸の人は他人がどう生きようが関係ない。

自分の命の時間を他人の動向に一喜一憂するような使い方をしない。

ハムスターはニンゲンより賢い。まさか彼らが別のハムスターがどう生きてるかに一喜一憂して選択をしたら驚く。ただ、それでも共通する行動があるのだけど。

彼らは基本自立度が高いが、群れになる動物(うちに来ていた40羽の雀たち)は完全に序列があった。

見るからに利己的な類が先に餌をついばみ、そこに突っ込んでいく若い類が諦めずに横からついばむ。諦めた序列の最後の類はじっとそれを見つめて、もう種がないのに、皆が飛び立ってからおりて必死に食べる物をさがす。5年以上もうちに来ていたから、それを理解していた私は、序列の最後の子達に再度餌をまく。

彼らが賢いと感じるのは、何年私と過ごしても私を信用しないこと。ニンゲンなんか絶対に信用してはいけない。それさえわかっていれば安心だ。

ケージに入るハムスターのように自立性が高い動物と、群れになる野生の類とは、もしかしたら行動パターンは異なるかもしれない。
天敵がやってきたら彼らなりの合図をしている可能性はあるし、ケージ越しにも確かになにかしらやり取りをしていた彼らをみると、群れになりたくないわけではないのだとも思った。
 
彼らは頭が良いので、自立と群れの役割を明確に切り替えているのかもしれない。ニンゲンは人生すべてを他者動向を見張るようなことに費やsiして自分の生き方さえ世間体で決めるような類もいるので摩訶不思議。権威や支配層と言われる人をみても大して変わらず、自立度はハムスターより格段に低いように思う。
 
また、序列の上位が誰もが納得する賢明さで選ばれているのならまだしも、必ずしも強く聡明なわけでもなさそうで、かえって序列の下位の方が強く優しいように思うのは、弾圧されてきた人々や、無意味に殺戮されてきた動物たちの行動パターンを聞いていても共通点があるように思う。
 
彼らハムスターズの中で、生命力の強い個体は決まって依存しない自立度の高い個体だった。
なので永く生きたいなら、ニンゲンも僅かに遺る他人への期待など、粉々に打ち砕いた方がよい。
実際、ニンゲンが不必要なものを次々にこの世界にばらまくので、それも単なるあがきかもしれないが。
 
また、食やSEX、薬物、ギャンブルなど、「適度」に「抑制」できないとしたなら、脳のどこかが不具合を起こしているのかもしれない。肥りすぎて生命を脅かしたり、色恋沙汰で逮捕されたり、セルフコントロールができないとしたら、理性があまり働いていないということになる。その理性を有することこそがニンゲンである所以といわれるので、自覚しておきたいものだ。
 
ただ、猿だって道具を使うし、ハムスターだって何を巣材にすべきか自分で考えてこちらを驚かせたりする。
ニンゲンも放っておいても日常的な「生きるための仕事」を楽にするような最低限のものは作るのだろう。しかし、あまり怠惰に流れると身体に不具合が起きそうな気がする。動物は動くことを基本として身体が出来ているように思うし、運動や農作業を続けてきた高齢者が寝込まずに元気なことは皆よく知っていると思う。
 
もしも、遺伝子で自分の限界が決まっていたとしても、先祖代々が選択して造った細胞の継承が遺伝なので、芽が出なくても、子孫のために何らかの種を自分にうえつけておくことは有効な気がする。
 
そう考えると、現在、一斉にマスクをする日本人はいったい何を目指しているのだろうか・・・・・・
 
 
 
 
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です