あなたの信じる世界

個々の世界は全く違います。

あなたの赤と私の赤は同じとは限りません。

あなたの味覚と私の味覚も同じとは限りません。

皮膚の感覚も。

つまり脳の電気信号も。

自分が見えている世界や、感じている世界は、あなたが信じているもので出来上がっています。

信じることをやめたらその世界はなくなります。

例えば、恋愛相手が自分を愛していると信じているときは、そうとしか見えません。

交際して半年くらいは大抵の人がそう思い込んでいます。

ところが、浮気をしていたとか、実は犯罪に荷担していたなどと知ると、途端に見えるものが澱んでくるのを、大人なら一度や二度は経験しているでしょう。

友人に裏切られたり、仕事の約束を破られるような時も同じですね。

つまり誰かが嘘をついていても、気づかない人はずっと幸せな世界に生きているのです。そうでない人は、全く異なる世界を見ています。

そもそも全てが個人の創作なので、真実など何一つなく、潜在意識を限りなく自覚している人の話だけが、極めて正直に聴こえたりします。

視覚もそうです。

オーラが見えるなどの共感覚を持つ人は、相手の意識が色で見えたりします。

声が形で見えたりもします。

私の脳の電気信号と彼らのそれとが同じだと証明しようがないので、肯定するしかありません。

赤は自分の感じている赤とは異なる可能性が高いのです。

同じなのか異なるのかも、証明はできないでしょう。

面白いことに、こうして何もかもが違っている可能性が高いのに、同じだと定義して話す人が非常に多く、それが摩擦を産みます。

このようなことをつきつめていくと、何もかもがバカらしくなり、単に生きて死んでいくだけの私たち生物なのではないかと考えたりもします。

決して虚無感を持てということではなく、だからこそ、心地良い世界を創れば良いのではないかと思ってしまうのです。

なんのために懸命に生きている他者に、迷惑をかけたり、喧嘩をふっかけたり、虐めたり、奴隷として扱ったり、または御主人様のように従ったりするのでしょうね。

何のために、懸命に生きてる動物を殺戮したり虐待したりするのでしょうね。

そういう生き物はいったい、何を信じているのでしょうね。

どうせ好きなものを信じるなら、美しいものを感じて、納得できる世界を創作すればいいのではないでしょうか。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です