愛をとめてはいけないのは何故か

愛している人に、どれだけ行動で示しても、言葉で伝えても、全く伝わらないことがあります。

そんなとき、その愛のエネルギーはどこに行くのでしょうか?

相手のことを心底思って、相手のために全身全霊をかけたとしても、本人はそのエネルギーを受け取らないことがあって。

そんなときは循環して誰かにその愛が伝わっていたりします。

例えば、会社などの組織で部下のために奔走しても、部下が忍耐力がなくて仕事をやめたとします。

愛は伝わらなかった・・・・ように見えますが、循環しています。

それを見ていた周囲の誰かに、奔走していた上司の愛は受け取られます。

その誰かは、自分が助けてもらわなくても、上司を信頼するかもしれません。

進んで上司と仕事をしてくれるかもしれません。

愛を放てば、こうして愛が還ってきます。

 

愛だけではありません。

 

たとえば、父親が母親を殴っていたとします。

いくら子どもを可愛がっても、子どもはそれを見ています。

いずれ子どもは父親を信頼することはなくなるかもしれません。

悪意を放てば何らかの形でが自分に還ってきます。

これも循環です。

 

たとえば嘘をつきます。人をだます行為ですね。

本人は「騙している」と自覚しています。

それは無意識で他者に伝わります。

「あの人綺麗事ばかりよね」

行動が言動と合っていないことを、なぜか人は簡単に見抜きます。

他者からの信頼は薄く、孤立していくでしょう。

人付き合いという「形態」ではなく、「心の孤立」という形で本人に還っていることもあります。

だから、伝わらなくても愛を止めないでください。誰かが何処かで見ています。

 

そして、人間だけでなく、地球を愛することも止めないでください。

きっと皆がそうすれば、平和な世界はすぐに訪れるのでしょう。

 

 

今日もみなさんありがとう。

 

※画像はhttps://images.nasa.gov/details-a-sky-view-of-earth-from-suomi-npp

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です