動物的

動物的なヒトが好きだ。

日本のような細分化されたシステムの中で、動物から遠くかけ離れた生活をしていると、自分たちが持っていたはずの力も感覚もどんどん忘れ去られていくように思う。

 

自分でできることはなるべく自分でする

幼稚園で先生に教えられたことだが、この歳になってコニーサン達を見ていてそれが腑に落ちた。

動物とは本来、教えなくても自分で自分のメンテナンスができるものなのである。

病になった時のリスクを考えるよりも、自らの五感で危険かそうでないかを察知し、身体にいれない、または寄りつかないということが出来るはずだ。

そもそも個人が社会のために動かなければいけないことが不自然で、全員が自分で自分を守ることができれば政治も教育も要らないだろう。

群れるなら、小さなコミュニティで充分で、縄張り意識の下に時に別の群れと闘うくらいだろう。

世界は大きくなり、支配側と支配者に媚びたものは、子孫を殺される確率が低くなったかもしれない。

だけどまだ人間同士の殺し合いはなくならない。

 

生きるとは殺すこと

動物とは多分殺し合うものなのだろう。それが食物連鎖であるし、弱肉強食であるし、自然の摂理なのかもしれない。

 

栄華を極めたものは衰退する

文化でも進歩でもない、過ぎた欲が蔓延する社会は、何らかの形でいずれ崩壊していくだろう。

 

留まるものは澱む

どのような形に変化しても、地球の流れとはそういうものなのかもしれない。例えそれが歓喜の世界でなくても私達は受容していくしかないのだと思う。

 

過去の選択が現在を創る

できる事と言えば、今、自分が何を選択するか…それを吟味することだけなのかもしれない。

目の前で美しい羽を魅せて雌鳥を誘う雄鶏のように、交尾のために生殖能力のある女に群がる男たち。本能から男に群がる女達。それを愛と意味づけするニンゲン達……

 

何も持たずしてすべてを持っている

貨幣がなくても食べるものは地球にある。土地を囲わなくても地球は全生物の物である。

支配者はそれを知っているから、民を洗脳したいし、独占した何かを失うことを怖がるのだろう。

動物として本来持てる感覚を失わなければ、きっと私達はみな生命力に満ち溢れ、長生きすることなどを考えるよりも、今日をめいいっぱい生きることができるのではないか。

 

哀しみを受け容れる強さは本能であり

懸命に生きる姿は皆美しい

例え何かに命を奪われてしまっても、その瞬間まで生きること、どんな形であれ生きることこそが動物的なのだと思う。

 

優劣はなく正誤も善悪もない

自由と平等とは全生命に与えられたものである。そしてそれは選択においてである。

感覚器が鈍ったニンゲンはその自由を、愉しい何かだと思ったり、平等とは分け隔てなく食べ物が降ってくることだと勘違いしたりするだろう。

支配されていることを認識していながら、それを利用し安寧に自分の生を終えること。

創るよりも雇用される方が楽だと認識して、経営者のコマとなって命の時間と貨幣を交換すること。

国というシステムに守られながら、外部から縄張りを奪いにくる仲間たちを遠ざけること。

若しくは、そのようなシステムに洗脳されず何処かへ行方をくらますことなど……

 

優劣はなく善悪もない

生きることが命そのもので、動物的なのかもしれない。優れているのは進化して生き残る者だけかもしれない。とするなら、善悪など関係ないのだろう。

 

流れに乗る

不自然に見えることが自然で、ニンゲン達は自らの選択からこのような流れになっていく生き物だったのかもしれない。

または、地球時間で考えるならバイオリズムのように私達が皆消えたあとで天国のような世界が出来上がっているのかもしれない。

 

誰かの言うことは正しくない

しかしすべてが正しい

パラレルな思考の脳の電気信号の中で、いったい自分は何に生かされているのか、動物的ということですら、ニンゲンたちの創ったお話に洗脳された頭の生み出す産物なのかもしれないと考えるとき

何もかもが美しい

そう思わざるを得ないのである。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です