丁寧に暮らす 2

子供の頃、アスファルトで塗り固めた道路を見ていて、地球は大丈夫なんだろうか?と思っていた。

だから、大人たちが次々と便利な物を欲しがっても憧れたりすることはあまりなかった。

中学生の頃、英語の教科書にワクワクしたことがある。

そこに載っていたのはアーミッシュ。

このくらいが人間にとっては適当な文化だと思った。これ以上欲を出せば何かが壊れそうな気がして……。

そうは言っても公園さえない町中で生まれ、今も徒歩圏内に百貨店から自然食品店、交通機関、ドン・キホーテまで揃っていて、何も困らない環境で暮らしている。

環境ボランティアとして活動していた時、各家庭の環境負荷について厳しい担当者に云われた。

「あなたの家庭はこれ以上やることありません」

そんなはずはない(笑)

アフリカの村やフィジーに滞在してた時に比べたらまだまだやりすぎていると反省する。

 

 

今はこのくらいしか出来ていない。

 

毎朝、チャイを作るので紅茶の葉は水気をきって床にまく。

埃がたたないし、抗菌作用もあるそうだ。昔、祖母たちは畳に水で湿らせた新聞紙をまいて箒で掃いていた。

それを真似て紅茶で。どうせゴミになるなら有効活用してから棄てたほうがいい。

箒がけが終われば、洗面所に水をはってアロマオイルを垂らして雑巾を搾る。拭き掃除をすると精油成分で部屋の空気が浄化されるし、ゴキブリの侵入を防ぐ目的もある。洗面所に流す精油いりの水は抗菌や防臭にも役立つから一石二鳥。

ささやかなことだけど、家族にも少しは癒やしを感じてもらえたら嬉しい。

 

精油だけでなくエキス類も活用している。

バラが終わる季節、毎年こうやってハーブでもエキスを作る。

オールドローズばかりなので、大半はティーにしたり、お風呂に浮かべたりするが、ダマスクローズのレダは化粧水用のバラエキスにする。

レダの土にはコニーサン達が眠るので、彼らは形を変えて私の中に取り込まれていくのだと思うと一片の花弁も大切に思える。

美白に良いとされるユキノシタも、レダのマルチングとして植えてあるのでエキスを作る。もう10年以上育てている。

ミント類やローズゼラニウムは掃除の消毒用や虫よけに早めに抽出しておく。

そして健康のためにはオリーブの葉。

夫が晩酌するときや、家族が紅茶を飲むときにチンキを少し垂らして有用性分をいただきたい。そのために小さな苗から育ててきた。

参考 オリーブの葉の絶大な効果

 

彼らに合わない不自然な環境で、それもベランダで鉢植え。丁寧に育てていかないと命を奪ってしまう。

水は花や樹にあたえるというよりも、土にあたえるという想いで一鉢一鉢丁寧にあげる。土のなかにいる生物が、バラやハーブを元気にしてくれるだろうから。

 

参考 土は生きている

 

花を摘むときも、葉を切るときも

「ごめんね、有効に使わせてもらうからね」

と話しかける。

自己と意識」に書いたように、もしも植物にも意識があったならと考えてしまうと、鋏で切ることも躊躇ってしまう。

 

そんな話をしていたら、夫がこんな記事を探し出した。

参考 植物に触れると細胞が変異

 

だからせめて、ハーブやアロマは家族を守るために使わせてもらう。

美容においても同様で、パウダーファンデーションや美容液も、もう15年以上手作り。

精油は有り難い。古代から使用されているものだから、見つけてくれた人に深く感謝。

ホントに適当に作っているのだけど、肌の悩みはあまりない。あまり年齢が気にならないのは、バラやハーブのおかげなのかも。

 

夫も使っているヘアワックス。朝から仕事が捗るように、頭脳明晰作用のある精油を配合してある。

 

とても便利なモノが多くてついつい忘れがちになるけれど、きちんと恵みに感謝して生きていると、私達は地球の仲間とうまく循環して生きていけるように出来ているのだと身体で感じることができ、心が満たされる。

本来は自分の食べ物も、野生のものを自分で採ってきたいのだけど、現時点ではシステムに則って生きている。

縄張りという意識が有難くもあり哀しくもあるけれど、こうして動物とも植物とも共生できる暮らしはとても幸せなことなのだろう。

 

万物に懺悔と感謝を。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です