丁寧に暮らす

新緑が美しい季節が訪れると、心持ちも軽くなり、外に出る機会も増える。

先日、息子の引っ越しを終え、父も退院まであと僅かとなってきた。

予定していた私的なことは、家族に起こる一つの事象で大きく変更される。

いや勿論、それを無視して振り切れば「自分の予定」は何も変更されずに済むのだけれど。

 

うちの17匹のハムスターズの中で、最高齢となったリンにたびたび声をかける。

 

長生きしてくれてありがとう……

 

きっとニンゲンも、そう家族に声をかけてもらえれば嬉しいだろう。

もしも自分が年老いてもまだ、この世に生きてしまっているなら、せめてそう言われる老人でありたい。

 

出会いの奇跡に求めるのはいつも愛でありたい。

愛し合うことはニンゲンでなくても可能で、むしろニンゲンじゃない方が可能だと思えるこの国に、僅かばかりの切なさを覚えてしまう。

父が半身麻痺となり病院に通う日々が続いているが、自分の心の在り方や、父の我儘な欲求や涙を、一つ一つ丁寧に心に落としていく。

心を見ないで作業に徹してしまうと、時は瞬時に流れ去り、その刹那の煌めきを見逃してしまいそうになる。

 

仕事でも同様で、そこに対価を戴いても戴かなくても、ニーズに応えることが仕事であるし、愛がなければニーズに応えることはできないと考える。

仕事も自分の命の時間のある特定の範囲であり、つまりはその人の命そのものであるから、公私を切り離すことはできない。だからこそ、仕事にはその人の生き様が表れる。

生きているすべての時間を丁寧に使うことは、自分の生涯を深く濃く重厚なものに仕立てていくこと。

たった一日しか過ごさなかった人や、年に一度しか会えない人でも、目と目で見つめ合うその瞬間は、愛をめいいっぱい出し切りたい。例え相手が子どもでも、女性であったとしても。

このような自分と会いたいと思ってくれる人もいて、生命と生命として愛し合える人々と時を共有できたなら幸いだ。

これらは同じく、自分が今日血肉とした魚介類や植物にも持つべきもので、懸命に生きた彼らの命を自分の中でどう循環させていくのか、きちんと考えながら時を大切にしたいと思う。

 

ハムスター同様、植物の声は聞こえないけれど、もっと彼らを心で感じて応えていけるニンゲンになりたい。

とはいえ、都会の中のオアシスにホッとしている自分など、そこからは遥か遠いのだろう。

 

小さな彼らとベランダのバラたちに多大なる叡智を授けてもらった。

 

心に深く遺る時を刻むことができるよう、これからも丁寧な暮らしを心がけよう。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です