Fijiで生活してみた、Part7 食べ物編

街へ出れば、日本と売っているものはそんなに大差がないし、醤油やマヨネーズも高価だけど手に入ります。

私はローカルマーケットの屋台のモノは好んで食べますし、外食もローカルレストランに入ります。

ここのパンが美味しいのは有名で、乳製品も毎日摂りたい美味しいもののひとつです。

今回はそれらを少しご紹介します。

11169203_870585243013923_5740189372385403616_n

まずはBreakfast。

毎日5時くらいに起きて外のキッチンで朝食の準備をしました。

パパイアの季節だったので、毎日パパイアを食べました。

日本ではかなり高価な果物ですが、ここでは数個で3ドル程度でした。

お皿の上のバナナチップスみたいに見えるのはキャッサバです。サツマイモの甘さが抑えられたような味で油とも相性が良いです。

卵は高価で、日本のように1パック99円なんて値段のものはありません。1ダース5ドル程度ですが、平飼いなのでしょう、まさにごちそうと言えるほどおいしい卵です。

日本に帰って1パック500円の卵を買って同じように焼いても、こちらの卵より味が薄くてまずいです。水も土も飼育環境も違うと鶏は不幸だし、人間も美味しくいただけないのですよね。命の扱い方についても考えさせられます。

 

11013062_870584876347293_5303810154296302786_n

これ、バニラアイスクリームにしかみえないでしょう?

おいしすぎるのです。本当に美味しすぎ!

日本のスーパーでは絶対に売っていません。残念すぎます。

バターも濃くて美味しいのですが、何日経ってもヨーグルトが底までしっかり硬いままなのです。

上にかけてあるのはモラセスシュガーです。これもミネラルたっぷりで、帰国時は持って帰ってきました。毎朝チャパティづくりにこのモラセスを使っています。なくなったらまたFIJIに買いに行かなくては(笑)

スーパーのレジの女性が言っていましたが、現地の人はモラセスなど使わないそう。何に使うのかと訊かれました。

 

11267538_870585659680548_1461032247580177132_n

これは隣人のご夫婦が、お友達とマグロ漁に行って釣り上げたマグロです。

帰宅して夜遅くにさばいたらしく、釣ったマグロの写真などを見せてくれました。

塊をいくつかくれました。醤油は持参していたので、さっそく食べてみました。

パートナーは、素人の腕を信用していないのか、生は要らないというのでステーキにしまました。

11020214_870585686347212_9162661508678224267_n

でもこれも、とっても美味しかったんですよ。

隣人のFijianBoyと毎日遊んでいたからか、ママからはこんなお礼をいただいて感激です。

愛はやっぱり循環してるんだなと思った次第です。

 

11196220_870585886347192_231030352078751852_n

あまり贅沢はしませんでしたが、近くのショッピングセンターで時にはこんなジュースも飲みました。

グレープとパインで、果汁100%。

搾りたてのようです。ただ、日本のように氷は入っていないので、あまり冷たくはありませんでした。

 

11018112_870616903010757_1995884228820386572_n

これは、買い物帰りに広東料理のお店で食べたチャーハンです。美味しそうにみえるでしょ?

それがなんだか不味い(笑)

自分で作る方がおいしいので外食はあまりお勧めしません(笑)

 

11200781_870584983013949_2738035988747166762_n

Fijiの国民の半分はインド人です。

なのでインド料理のお店はあちこちにあります。歩いてすぐの場所にインド料理のお店があり、気になっていたので一度入ってみました。

これで12ドルと少し。米はパサパサなタイプです。お米はタンザニアの方が断然美味しかったです。

でもまあ、カレーなので、お米はどちらでもいいですね。

カレーは水っぽいものでした。でもこの赤いピクルスのようなものはすごく美味しいです。

やっぱりカレーも自分で作ろうと決めて帰路に着きました(笑)

10408780_870585813013866_5339698884369033900_n

 

これはおやつ系です。ココナツロングでできてると思われますが、この赤い色は何でつけてるのかわかりません(笑)

味はまあまあ美味しいです。ココナツなので風味もよかったです。袋の中に入ってるのはまさに芋けんぴ。キャッサバでできているようです。

 

11010548_870621263010321_4592200256840611442_n

この人は、檻に入ってるわけじゃありません。

小さな箱型のお店がいきなり道端に出現して、セキュリティの問題なのか、対面販売なのだけど格子越しに買い物をする形式です。

さっきのココナツのお菓子はここで買いました。スーパーの近くで、いつもお店が開いていて、ひとつ20セントで販売しています。お菓子を販売しているのはインド系フィジー人ばかりです。

Fijiに初めて来たときはNadi Townのお菓子屋でぼったくられました。20セントなのに2ドルとられました。

次にFijianの子供たちが買っているのをみてそばで値段を聞いていたら、20センだと言うので、当時小学生の娘は、ボったくろうとしたインド人のおじさんに英語で値段が違うと訴えました。

すると別のおじさんがやってきて、子どもからボったくるとは何事だ!ってその人が怒られたらしいのです。娘は二つ40セントで無事に購入でき、バス停で待っていた私のところに戻ってきました。

それから5年、このときも値上がりはしていませんでした。良心的な価格のおやつ類です。

 

11269763_870621293010318_1838051999408343154_n

こんな風に、お菓子がならんでいます。おつまみっぽいのもあって、いろいろ買うのが楽しみでした。どの味もまあまあいけます。

ケーキは恐ろしい色で、なかなか食べる気にはなりませんが、この安価なおやつは大好きです。

ドーナツはサーターアンダギーみたいな感じですね。ぜひお試しあれ!

 

あ~Nadiの街が懐かしい。

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です