家族と食と生活

配偶者は、自分とは異なる遺伝子を持ち、母体から胎盤を通して流された血液、内分泌ホルモン、果ては母乳で育ったかミルクで育ったかなどで、形成の過程が違う人なので興味深いです。

そして家を出るまで親が食べさせてきた料理や、土地のものや水、それらによってアレルギーなどの病をもつのか持たないのかなど、それが本当に遺伝や体質なのかどうか確かめてみたいと思いました。

前夫は20年続いたアレルギーを生まれつきの体質だと言いました。そんなわけがないと、三食管理するにあたり、結果的に同棲する羽目になりました。

一日30品目以上のバランスのよい食事を続けた結果、3年で完治しました。一ヶ月に一度全身が腫れ上がる状態で、原因がわからないのに、なぜか薬剤を服用していました。おかしな話です。

偏食が激しかったので、子供の離乳食のように、味を変え、ご飯に混ぜ、彼の食べられる好みの料理を一つ一つ見つけていきました。和洋中出来れば、大抵はどれかで合う味付けが見つかります。今は好き嫌いがもちろんありませんし、再発はしていません。

二十歳の健康な人なら骨まで細胞が入れ替わるのに3年から7年かかると言います。

今の夫もアトピーや喘息があり、知り合った頃は添加物だらけの加工品を好んで食べ、炭水化物ばかりに偏り、内容より「安さ」で選択しているような食事でした。

私が長期で留守をするときは、娘がかわって料理をしてくれるので、加工品を食卓に並べることはほぼありませんが、彼の子供の頃からの腸内細菌の状態をよくするには、なかなか忍耐を要しました。

飲食のお店に勤めて、まかないを食べるようになり、数年前に治まっていたアトピーがまた再発しました。

その仕事をやめ、完全に朝も昼も手作りに替え、270以上も有効成分の含有された天然のジュースを毎朝毎晩飲むようにしたところ、腸内環境がよくなっているのを「臭い」から家族がわかるようになりました。アトピー症状もなくなりました。

私は30品目をベースに料理をし、時々胃腸を休めると言う生活を30年以上継続しています。出汁は昆布と鰹節、鶏ガラなど、それほとよい品を買わなくても誰にでも簡単にできるものです。

〇〇が良い、などと短期的に何かに飛びついても、死ぬまで継続できなければ意味がなく、ある特定の成分だけを「よい」と表現しても、それだけでは働かないことがあり、結果的に、すべての栄養素をまんべんなく摂取することで、メリットも高くなり、リスクも軽減されるように思います。

また、料理をする側は、その命がなんのために死ななくてはならなかったのかをきちんと考えて、ありがとうと言いながら作ること。そのようにして食卓にのぼる料理と、工場で生産された加工品とでは、当然身体に入ったときの波長も、働きも、違ってくると思うのです。

せっかく数え切れぬ命を殺して自分の血肉にしているのだから、生き方も考えなくてはなりません。

おかしな病気になるためになら、食べないほうがよいと私は考えます。

西洋の人々と私達のもつ腸内細菌や体質が異なることや、同じ日本という島に生きる人間の中でも、親の身体づくりや土地の環境によってそれらが異なるため、一律でこれがよいと言えるものは多くはありません。

基本的には、自然のもの、そして土地にあったもの、季節に合ったもの、古代から使われているものなどは万人に通用するのではないかと考えています。

米が嫌いな私はパン派ですが、ライ麦や全粒粉など黒くかたい焼き立てパンを好むので、スーパーで袋に入って売っているようなパンは子供の頃からあまり食べません。

30年以上続けてみて、やっと「継続」といえるようになりました。10年くらいでは見えてこないものがあります。

これらは持論であり、どなたかに倣ったものではありません。強いて言うなら小中学校の家庭科の授業で教えていただいた出汁のとり方などの料理方、食品成分表の知識から、そのようにしてきたといえるのかもしれません。義務教育には本当に感謝ですね。

もちろん食だけでなく、正直に生きることで自分にも嘘をつかずストレスフリーになることや、水や大気の綺麗な国に住むこと、夜中に活動するような不自然な生活をなるべくしないこと、軽い運動を続けること、地球の恵みの循環に感謝して生きることなど、トータルバランスで生を考えていく必要があると思います。

過去の選択が現在の自分の身体を造っています。

もしも今、心身に不調を感じておられる方がいらっしゃるなら、食生活を見直してみてください。そして、なりたい自分になってもらえたら幸いです。

意思力も継続力も、もしかしたら身体に入る栄養素が関与しているかもしれませんね。

 

今日も皆さんありがとう!

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です