自由と利己的

自由と利己的は以て非なるもの。

 

利己的に振る舞うことを

「俺の自由だろ!」

と声高に叫ぶ人がいますが……

たとえば無人島に流れ着いて、そこに人間がたった一人だったとしても、自分の都合だけを考えて特定の植物ばかり採取したらバランスが崩れて食べるものもなくなってしまうかもしれません。私達は地球の一部なのですから、他がうまく循環できるように自然の摂理に則らなければ、何かが崩れ、やがて自分や子孫が死に絶えます。

 

自由とは、誰にでもできる簡単なことではなく、覚悟と勇気が伴うものなのです。

 

例えば、山に登ること。

これは本人の趣味で、誰にも止めることができません。これは自由です。

 

例えば、誰かを好きになること。別れること。

好き嫌いの問題なので、誰にも止めることはできません。これも利己的ではなく自由です。

 

ただし既婚者が他の誰かとSEXをしたいがためだけに、自分を信じて待っている人に虚偽の話を故意に創り、また相手に対しても公衆便所のような扱いを続ける行為なら利己的といえるかもしれません。けれども正当に

「あなたより好きな人が現れた」

と伝えて着地点を見出すならば、自由を選択したと捉えることができると思います。

言い訳や責任転嫁に『自由』という言葉を持ち出す人と『自由に生きる』人との質は少しちがうでしょう。

 

自由には異論を唱えられない「仕方のなさ」があります。

生物として生まれてきた誰もが実際にはわかっていることと、他者をコントロールするために創られたお話との区別ができているからです。

誰かが傷ついても個人には選択する自由があります。単なる利己的な人間だとしてもそれも選択の自由で、そういう人は放っておいても孤立した生涯を送っているはずなので(精神的に)誰かが何かをする必要もありません。どのような形であれ、皆自己責任で生きて死んで逝くだけのことだというのも生物なら皆お分かりの事でしょう。

 

利己的な責任転嫁や言い訳は、仕方がないというよりも、自分に都合よく作られた引っ掛かりのようなものが残ります。違和感と呼ばれるものです。自由を選択した覚悟というよりも詐欺師に近い感覚です。ですから自分の『違和感』は何より大切にしなくてはなりません。地球が生命に与えてくれたリスク管理の一つです。

 

どんな動物も自分のためにしか生きませんが、同時に他生命とも関わって生きています。自由とは人に嘘をついて隠さなければいけないようなことではなく、誰からも責められるものでもないのです。

そこに別れの哀しみがあったとしても、他者をコントロールしたいという支配欲よりは哀しみをとりましょう。そのために強制する傲慢な生き物になってはサピエンスの名が泣きます。

抵抗とは自分の支配欲=孤独の恐怖との戦いなのでしょう。

自分を正当化したり言い訳をしなくてはならないような人生は、牢獄に捉えられたままの不自由さに視えます。

自由な人は常に裸のような生き方をするものです。

耳障りの良い言葉はあてになりません。綺麗事は心に悪意があると自覚した人だけが、故意に綺麗に話す言葉です。自分で自分に「~ねばならない」と言い聞かせるようなものも本来何一つありません。

利己的に生きるということも自由です。

それが自分が決めて選択した道なら、正当化や言い訳をして自分の心に抵抗を生むこともないでしょう。

 

自由を選択するには、覚悟と勇気が伴うのです。

自由に憧れているなら今すぐ行動を。

明日死ぬかもしれないという事実は全生命につきまとっているのですから。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です