目的地

迷う人は多く、自分で決めきれずにブレる。

だけどそれは、注目すべき点がズレているだけなのかもしれない。

自分が何かの目標を立てる場合、もしも、自分だけでやりきることができないとか、判断できないとき、多分子どもたちは素直にあることを実行している。

例えば幼稚園の頃、クラスで一番早く自転車の補助輪を外して乗れた子がいるとする。

皆はその子に注目し、観察して真似をする。結果、次々に乗れるようになる。

小学生の頃、先生に質問された時にいつも答えられる子がいるとする。テストは当然満点だ。勉強ができるようになりたいと思う子どもたちは、わからないことがあれば、その子に尋ねるし、教えてもらう。

親の言葉を信じてみるも、辻褄が合わないことに思春期くらいに気づく。それを投げかけても腑に落ちる意見を親が言わないから荒れるというのが反抗期。親が正直で納得のいく意見を話すことができれは、子どもが親に反抗する必要がまずない。

とてもわかりやすいのが子どもである。

大人になると何故か、そのあたりがわからなくなるようだ。

ある分野で結果を出したいと目標を立てたとしよう。ならば、必ずその分野で結果を出している人のところへ行ったほうがいい。

人それぞれ目標も目的も異なる。同じコミュニティにいるからといって、目的がおなじとは限らないので、自分と目標や目的が合致する人を目指したほうがいい。

お金儲けをしたいなら、お金を稼いでいる人のところへ行ったほうがいい。

癒やしてほしいなら、ヒーラーのところへ行けばいい。

モテたいならモテている人の話を聞くべきであり、アルバイトの恋愛経験もない若い人があちこちから貼り付けて書いたインターネットの記事はあてにならない。

人材育成力を求めるならば、その人の子どもを見て判断したほうがいい。

親子関係をよくしたいなら、親子関係がうまくいっている人から話を聞かなくてはいけない。資格などはあまり関係ない。

健康を求めるなら、ある程度老年の健康な人に教えをこうべきで、美しさを求めるなら、整形していない年齢を重ねた美しい人に習慣を問うべきである。

つまりは、自分の目標とする結果を出している人の意見を参考にすることが望ましい。

人格者になりたいなら、ブッダやキリストのように生きればよい。

資格は取得した者だけが持てるもので、実力があっても取得しようとしなければ一生取得することはないものだ。

肩書についても言えるのは、ニーズがあって頼まれたとしても、本人が断れば得られないものであり、その場合は補欠から選ばれた代わりの人が就任するということもあるわけで……

学生の頃の生徒会長や委員長など、毎年担任から立候補してくれと頼まれた人だけが知っているというようなアレで、断ればやりたい人がやることになる。企業に入っても同じである。

つまり、あまり当てにならない。

形にとらわれ、参考にすべき相手を間違えると、目標とする結果からかけ離れてしまうことがある。

もしも目標があるものの、なかなかうまくいかない人がいるとするなら、再考してみたほうがいいかもしれない。

大切なのは、自分が目指す「道」とはどんな道なのかを明確にしてから、師を仰ぐということではないかと思う。

自分の道と師の道が異なっていれば、どんなに目指したところで目的地に到達するわけがなく、なんの役にも立たないこともあるし、どちらも命の時間を無駄にすることになる。

命はいつ終わるかわからない。

先延ばしにするも自由、流されるも自由だけれど、もしも目指す目的地があるなら、立ち止まって確認することも大切だろう。

 

今日も皆さんありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です