不思議な体験

旧暦のお盆ということで、夫が休みをとってくれて、車で祖父母のお墓参りに行ってきました。

雨が降ると予報が出ていたけれど、多分降らないよって決めつけて、傘は持たずに出かけました。

今日は本当に不思議な現象に遭遇しました。

祖母の孫たちは全員男で、女は私ひとり。

ミトコンドリアDNAを継承するのは私しかいません。娘を産んで責任は果たしたなと考えていました。と同時に、祖母の持っていた力を私は「善い方」へ使うと決めて生きています。

私がイメージしているビジョンをきっと祖母は応援してくれるだろうと想いながら、お墓の周りの掃除をしながら水場とお墓を何度も行き来していました。

そこへ一羽のカラスが飛んできてとまりました。

「おばあちゃんかな?いや、さすがにカラスではないな(笑)」

なんて考えながらとある本に書いてあったことを思い出したのです。

 

思考は現実化してくとき、天に委ね、そのエネルギーを受け取っていると感じることがあります。そのとき、

「証拠をみせて」

と天にお願いしたら、壊れたラジオから音楽がなったとか、すぐに必要な人から電話が入ったというようなことが書いてありました。

 

だから心の中でカラスをみたとき呟いたのです。

「こういう時は黒い蝶なのよね。私の使命が間違ってなかったらおばあちゃんが絶対に力を貸してくれる。もし間違いなければ蝶が現れたりして・・・・ま、そんなこと起こるわけないか(笑)」

って。

そう思いながら別の方の墓碑にとまったカラスをみてまた、祖父母のお墓に水を運び、再度水場の方へ戻って歩いていたそのとき、道の真ん中に、黒い蝶がとまっていたのです!!

すぐに夫に叫んで報せたら、夫の方に飛んでいきどこかへ消えてしまいました。

 

黒い蝶にまつわる話

お墓やお葬式で現れるとき

お墓などで現れる蝶は死者からのメッセージといわれています。祖母が私の問いかけに応えてくれたのかもしれません。

 

神社仏閣で現れるとき

神様から歓迎を受けていると言われています。

 

オランダでの言い伝え

身近な人が自分に恋心を寄せているサインらしいです。

 

幸運の前兆

スピリチュアルでは幸運の前兆や変化の前触れといわれています。

 

何を考えて黒い蝶が現れたのか?という本人の想いによって、よくもわるくもなると書かれているものもあります。

が、私は思ってすぐに、いきなり現れたので、祖母が私の思考が現実化すると言ってくれているのだと判断しました。

またそこに神社もあり、神社庁に問い合わせていたにも関わらず、返信が参拝の後になったのですが、なんとそこが祖母の氏神様でした。驚きです!!

帰りには祖母が生前毎月か欠かさず訪れていたお寺にも、夫が連れて行ってくれて、大きな仕事を終えてきた気分でした。

これらのことを率先してやってくれた夫にも深く感謝の一日でした。

 

 

大切なことはいつだって目にはみえない

耳にはきこえない

 

こういうのはリアルな感覚です。別世界のことではありません。

エネルギーは決して裏切らないんですよ。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です