リアルを視る力

潜在意識なるものを、まるで流行りのように捉えたり、特別なものとして扱うことに抵抗があります。

なぜなら、その人が本当は何を考えているのかに着目していれば、潜在意識は言葉や行動に表れていると容易にわかるからです。

徹底的にリアルを視るだけのことなのです。

自分の潜在意識さえ、リアルをしっかり直視できれば認識できます。 

大抵の人は不安や恐怖を持っていて、手放しで自由になれず、幸福感からかけ離れて生きてしまっています。

勿体無い話なのです。もっと自分を信じて生きれば幸福に近づきます。

綺麗事を言ったり世間体を気にして他者に合わせるのは、自信のなさから来ています。自信がないということは、自分を信じられないということです。自分が自分を信じていないのに、他人が自分を信じてくれるわけがありませんね。そうすると人間関係も砂上の楼閣です。

また、数年しか続けていないのに「継続」という言葉を使うと、継続できない人なのだという証になってしまいます。数年くらい続けることなど、まだお試し期間のようなものです。

例えば親業を30年続けて、世間に「親とはこういうもので、……」と、説くことができる人はそう多くはありません。下手をすれば継続力のない親は子どもが思春期、つまり10年くらいで音をあげて親業を放棄してしまいます。

恋愛でも人間関係においても「嫌い嫌いも好きのうち」とは昔からよく聞く話ですが、本当に嫌いならどうでもいいので、いちいち絡んできたり、何か文句を言ってきたりはしません。批判することも含め拘ることは、なにかしらその人に執着しているということでしょう。ですから、本当はその対象者に憧れていたりしています。

何かのせいにして別れられないという人がいますが、別れようと思えばどうやってでも別れられると私は考えているので、本心は別れたくないのだと思っています。

仕事がやめられないというあの台詞も、同じくやめようと思えばいつだってやめられるので同様です。

塾や家庭教師に頼らなければ勉強ができないと思っている親は、本当に勉強ができる人は言われなくてもひとりでに勉強をすることを知りません。その親に勉強ができないと言って叱られる子供には同情するしかありません。

自己を顧みるときにこのような視かたをしてみますと、自分の言葉が潜在意識と真逆に働いていることがあると気づいたりして、とても面白いものです。

やります!といってやらない人は、本心はやりたくないのです。実にシンプルです。誰かに誰かの人生は強制できないので、やりたくなければ、はじめから堂々とやりたくないと答えれば話は早く、他者の命の時間を無駄に使わなくてすみます。

このようにきちんとその人の言動を聴いたり、行動を視れば、その人の本音はたいていわかります。

言葉より行動のほうが、より潜在的な想いに直結しているようです。

何が目的か、何を大切に生きているのか、損得でしか動かないのか、天の邪鬼か、自分で考えられる人なのか、指示待ちの奴隷タイプなのかなども、着目して視ればわかります。

ときに他者をバカにする人がいますが、自分は何もかもわかっているというような思い込みを持つ人は、それ以上成長しないでしょう。地球の一細胞みたいなニンゲンごときに、すべてをわかることはないし、全生命体の中の一種である自分が、素晴らしいとはまったく思えません。

ただ哀しいかな、一人ひとりと、出会い別れていく中で、愛おしいと思ってしまうのは、なかなか厄介な感情です。 

本来、食べて命をつないで、出して交尾して循環するだけで充分なはずの私達ですが、あえて優劣を視なければいけないとしたら、交尾する相手を見定めるときくらいなのではないかと感じています(笑)強い子孫を遺すために……

でもそれさえも、地球規模で見ればどうでもよいことなのでしょう。

人間などは単なる生物の一種なので、絶滅したらまた違う生き物が台頭するでしょうからね。

 

今日も皆さんありがとう。

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です