孤独がこわいあなたへ

独りになるのがこわくて、判断を見失ってしまう人がいると思います。

核家族、独り暮らしという形態だけでなく、過去の虐め、失恋、離婚などトラウマのようなものが原因になったりすることもあるでしょう。

その恐怖で、自分で決めきれない人が多くいるように感じています。

そこで、虐めも離婚も経験していながら、トラウマにならずに済んだ私の物事の捉え方を参考までに著してみます。

そもそも孤独ではない

人間がいる世界で生きると決めているなら、孤独にはなりません。

買物に出かけたとして、店員さんに何かを訊ねれば、いきなり入った見ず知らずの人でも話を聞いてくれます。

道端で落とし物をすれば、誰かが拾ってくれたりもします。

混雑した場所では誰かが道を譲ってくれたり、仕事をしていればお客様がありがとうと言ってくれたり、そんな刹那の愛をたくさんたくさんもらって生きているのですよね。

特定のパートナーがいなくても、たくさん愛をもらっているのに、気づいていないだけではないでしょうか。

 

もしも一歩も外出しなかったとしても

どちらかというと、私は独りの方が好きなので籠りたい気持ちはとてもよくわかります。

だけど注文した品を届けてくれる人がいたり、長い間会っていない誰かが自分を思い出してくれていたり、電話で問い合わせをしたり、自分の言葉を誰かが読んでくれていたり、会ったことがなくても確かにその人のエネルギーをいただいています。

エネルギーとは、その人の命なのです。

その命の時間を自分に使ってくれている事実に気づくか気づかないかで幸福度は変化します。

それがたとえ刹那的でも、やはり愛なのだと思うのです。

 

食べるだけでも

海の向こうの誰かが、先進国民の嗜好品を作っています。

命をつなぐことに必ずしも必要のない嗜好品でさえ、自分達の土地を使って、泥だらけになりながら毎日育ててくれています。

間違いなくそれは私たちの血肉となり、彼らの『命の時間』で育てた作物というまた『別の命』もいただいています。

毎日殺しながら、命そのもの=愛をもらってることになると私は考えます。

 

無人島にいたなら

無人島にたった独りでいたとしても、鳥や樹や魚や雨にもエネルギーをいただき、生きているはずです。

やはり人間ではない何かにエネルギーをいただいているのです。

 

 

そう考えていくと、私たちは過去すべてにおいて、実に数えきれないくらいの生物から愛をもらってきたのです。

愛されてきたのです。

そして今日も愛されています。

 

どうやって孤独になるのでしょうか?

孤独になる恐怖から自分を見失い、他のものに責任転嫁する人は決して幸福な顔をしていません。

傍にいなくても世界には愛し合える存在はたくさんいるのです。

 

哀しみと傷みを伴わなうことは尽きません。

ですが、毎日命を殺しながら生きているの自分ですから、せめて愛くらいは還していきたいと思います。

 

 

 

今日も皆さんありがとう。

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です