世界観

「人にはそれぞれ世界観がある」

講演に来ていただいた方にはここから話を始めます。

自分の世界がすべてだと思った時点で、その人の世界の視野はもう広がりません。

自分など単なる生物の一種で、地球ではホコリのような存在だと自覚して初めて、それは大きくなります。

人は似たような人を好みます。自分を正当化しなければならないから価値観の似た人を好むのです。

 

世界観をひろげる

世界観を広げるには、なにかに気づいて、視野が変化することが必要です。

 

だから時折、自分を疑ってみるのです。なにもかも間違っているんじゃないかと。脳は都合よく、後付けで自分を正当化するお話を創ります。私も含め、どんな人もそうです。だからこそ、自分の脳の癖を自覚しておくことが、大切です。知ったかぶりをして虚栄でピエロにならない一つのリスク管理となります。

 

そんな風に自分の脳神経科回路を潰して組み換える感覚をもつと、頭が活性化することがわかります。

 

息子は歩くときに「以前とは異なる神経回路を使っているようだ」と言いますが、それは何事も同じだと思うのです。何かに気づくと、脳で新しい回路を繋いだように感じます。

 

私が本を書いたのは「下半身不随の息子を歩かせた母の愛」などを伝えたいのではなく、もっと別の意図があったのです。

あれは、皆さんの世界観を拡大するためです。簡単にいうと視点が変わることで、可能性を見出してもらいたいという願いから書いたものです。

 

世の中にはニンゲンには理解できないことがまだまだあります。私たちは、多分本当のことを何もわかっていないのでしょう。

 

だから自分のちっぽけな世界観で誰かをジャッジしないよう、世界をこうだと決めつけないよう、何よりも「自分にはできない」なんて思い込まないようにしたいと思うのです。

 

一番大切なことは、自分を信じることです。

 

成長していく自分、チャレンジする自分、懸命に生きている自分、失敗してもまた立ち上がる自分を。

 

世界は無限です。

 

今日も皆さんありがとう。

 
 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です