誰かを変えたいとき

子どもをこんな風に育てたい。

彼氏がこんな風になったらなぁ……

彼女がああしてくれたら、こうしてくれたら……

部下をこんな風に動かしたい……

 

なんだか、いつも自分が正しくて相手が間違っているかのような意見ですね。

なぜなんでしょう。

考えなんて、浅くってもいいと思うのですよ。個人の人生においては。困れば勝手に考えるはずですから。本人が。

もしも何を聞いても何を読んでも「気づき」もないのであれば、その人の人生にはそれは、必要ないということなのですよね。

とても苦労して、人々から信頼されて、70歳で逝く人もいれば、人の気持ちもわからなくても笑って70歳で逝く人もいます。

前者はいわゆる「人格」は高い人なのかもしれません。気づきも多かったかもしれません。

後者は環境に恵まれていて、辛い人の気持ちも理解できなかったかもしれません。

でも、どちらが幸せかはわからないのです。

だから、誰かを変えようとしたりするのは変ですよね。そもそも生まれ持った性質は変わりません。変わらなければ好きでいられないということは、つまりその人を好きじゃないということですね。単純に。

気づきはいつでもどこでも、相手が人間でも空気でも虫でも起こります。

変わりたい人は、いつもそうやってアンテナを立てています。変わらないということは、本人はそれがいいと言うことです。

出逢いも出来事も、産まれてから死ぬまで膨大で、何に気づき、どう変化するのかはみな同じではありません。

私も若い頃は少なからず息子たちにこういう子供になってほしいという想いはあったと自覚しています。

三度の結婚も、二度目は相手に変わってほしくて四苦八苦しました。

最終的に彼には彼の価値観があり、彼はそのように生きていけばいいじゃないかと考えなおし、私は私の道を行こうと決めたので別れました。道が違えば別々に行くしかありません。

いまは誰といても、自分は自分であることが大切で、人には期待もしなくなりました。

そのなかで、偶然子どもがそばにいてくれたり、誰かがそばにいてくれるなら、それは大いに感謝すべきことだと捉えています。

できる限り相手の想いを受容することで、お互いの生き方を尊重していくことができたら、人間関係も楽になっていくのだと思います。

人を変えるより、自分が変化していく方が断然面白いし、自分が変化すればまた、共にいて楽しいと思える人も、付き合う相手も変わります。

変化は進化です。

怖がらずに、どんどん進化してみることをお勧めします。

一度の人生なのに、三度も四度も生まれ変わった気分になりますよ。

 

 

今日も皆さんありがとう

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です