子育ては一大事業

母の責任は重大であると私は子供を出産した時に思いました。

一人の人生が私にかかっている、

一大事業である

そう思いました。

母乳で三人とも育てたので、彼らの体が私から出来ていくことは実感しますし、離乳食も一から手作りするので自分の知識が彼らの身体をつくることもわかります。

 

無知は罪である 

と言った人がいます。

 

学校では教えないことがたくさんあります。

偶然、知識ある教諭と出会った人はラッキーです。

私は高校の社会の教諭から合成洗剤の危険性を訊いたので、18歳からそれらを使用するのをやめました。

人は興味をもたないと、情報をキャッチすることがなかなかできません。

親がいかに我が子の人生を左右するかに対して、興味を持ち続けることが大切です。

なんであろうと、新しいもの(つまり先住民族や古代の人々が使ってこなかったもの)に対しては、一度は疑問をもって考えてきました。

化学物質から始まり、睡眠時間、電磁波、薬剤に至るまで。

離婚したため息子たちとは別居していましたが、生まれてからずっと教えてきたことに加え、会うたびに生活習慣について考える機会をもうけました。

塾に通う必要は無く、脳と身体を最高の状態にしておけば、勉強はすんなり頭に入るのだと教えました。

中学生の頃、彼らは夜遅くまで食事をとらずに数学塾へ通っていたので、優先順位は「身体」だと説きました。

だからおかしな時間に食事をとってはいけない、せめて自分でおにぎりを作って食べてから行きなさいと。

どうしても塾に行かなければならないのであれば、勉強と遊びの量のバランスを保ちなさいとも。

私は、親の責任は子供の身体を守ることだと思っています。

加えていうなら、誰といてもどこにいても生きる力を身につけさせることでしょうか。

彼らの人生をコントロールする必要はなく、常に心身を良い状態に保っておけば、彼らなりの最高のパフォーマンスを発揮するはずなのです。

他人と比較ばかりして、我が子の身体を潰してしまっては意味がありません。彼らの努力が無駄になります。

古代のように、先人の知恵を教わる機会のない現代では核家族内での考えだけで、子育てが行われていき、親が不安であるがゆえにテレビや世間の風潮に流されていってしまいます。

でも指標は簡単です。

 

ニンゲンは動物なのだ

 

ということを常に頭に置いておけばいいだけのことなのです。

私達は夜行性ではないので、基本的には太陽が昇ったら活動し、沈んだら眠ることが望ましいでしょう。

添加物はニンゲンの食べるものではないし、アスファルトに塗り固めた土地よりも、土の上にいる方がいいということなども。

f:id:MahiroShu:20151017083004j:plain

 

元来なかった電子機器は、ニンゲンにもしかしたら悪影響を及ぼすかも知れないという疑問。

明日食べ物があるとわかっているのに、食べ過ぎることへの懸念。

もちろん、現代ではこれらを排除することは、地球のどこにいっても容易ではないかもしれません。

ただ、できるだけ想像力をもって、きちんと考えながら適度に生活することで、専門的に勉強しなくても我が子を守ることも、家族を守ることもできると思うのです。

ただし完全主義にならなくてよいと私は思います。

未来に生きる子供たちを大切にしていきたいと思うのは、多分誰しも同じではないかと思うのです。

できるだけ自分の体を守り、家族の体を守ることで、各々が自由に選択することができれば、幸福に繋がる気がします。

 

今日も皆さんありがとう。

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です