亡き人の想い

これらは私の勝手な思い込みかもしれません。

実際はもう原子になり空気中に放散され、一部は土になり、海となり、すべてがファンタジーかもしれません。

母が亡くなるに至った流れは最低でも30年ほど前に遡り、最期の数年は誤った選択が重なっていった結果(私にとっては)だと感じています。

18で家を出た私は、当時様々なアドバイスをしたものの、なかなか聞き入れてもらえることはありませんでした。育児を終えてみて、性格が大人になっても生まれた時と何ら変わらないことを3人の子で証明もしていなかったし、ニンゲンごときにすべてをわかることはないという幼少期の持論も誰にでもわかるように体現出来ていませんでした。

それでも、あるタイミングごとに、道を引き返すチャンスはあったと私からは視えました。

ただ、本人の信じるものや価値をおくものなどは親子であっても全く別で、それを自分に合わせるようなことはできないので、意見は言っても選択は本人です。伝えるべきことは伝えてきたつもりなので後悔はありません。

若い頃の私を『口うるさい娘』と捉えていたのは、私のお話の創り方が下手だったこともあり、また親の方が子より知恵があるという往々の思い込みにもよると思います。物事によって得手不得手はあり、時にそれは逆転することが在ります。しかしながら、青二才の言うことは数十年継続し結果が出ないと信じられないのが常ですから仕方ありません。

ところがあの事故で周囲の目は一斉に変化しました。息子の腰椎が破裂したとき、ほぼ全員(娘と父以外)が医師の言葉通り受け取り、泣いて同情して生涯彼が歩かないと決めつけたわけですが、机上の空論を信じない私のファンタジーの方が現実となったわけです。私はいつも通りに生きていただけで、息子はそれを信じてくれただけです。

流石にその時から少し見直してくれたのか(笑)少し私の話に耳を傾けてくれるようになりました。

基本的にそんなところまで?というくらい、すべての事実を伝えきっていた相手が母でした。私としては母の抱えるものを受容するキャパはあったつもりですが、残念ながら、母は最期まで母親であり、私に心配させるような言動行動は一切しない人でした。一人で多くの哀しみを抱えて逝ったように思います。

死んでしまえば本当にあっけなく、皆以前と変わりなく飲んで食べて笑って生きています。

私は幼少期から宗教を一切信じないニンゲンですが、だからといってそれらしいことを何もしないわけではなく、あれは一種の儀式のようなものだと捉えています。

もし亡き人の意識が未だどこかに在るなら、自分の想いを届けるには最善の形態だと考えています。なので母が信じていた世界を大切にし、御供を欠かさないようにしたりするわけです。(ちなみに私自身が消滅したときには、小学生の頃から家族に伝え続けてきたように、儀式めいたものは一切要らないと思っています)

もはや存在すらわからない亡き人の意識。

ですが、折々に亡き母に想いを届けてくださる方々がいて、そのような時、母ならどう受けとめ、自分の感謝の意を表すのだろうかと考えます。

もう自分では何もできない母に代わって動くのは私の役目です。

昨今はニンゲン付き合いが面倒だという人が後を絶ちませんが、私のような人間でもそうは思っていません。誰かの想いを汲み取り、感謝したであろう人の代わりに考え行動した後は、たとえ代理の自分でも気持ちが晴れやかになるものです。

死んでしまってもなお、幸せな気分を与えてもらえることに感謝します。

タイムスリップは過去や未来にあるものではなく、今この刹那に出来ることです。

姿を思い浮かべた瞬間に、私にとって過去の人は今此処に在り、本人にとって過去の自分が未来の今に在るのです。

もしも意識がまだどこかにあったなら、視ているかもしれません。

 

また、死後の不思議な現象は説明できないままですが、逝く前に一気に放出したエネルギー、つまり誰かへの想いは、対象者が受け取らない限り浮遊しているのではないかと思うことがあります。娘の親友が亡くなった時や祖父母の墓参りのあの不思議な体験、11匹のハムスターズの亡くなった後、母が亡くなった後に起こった現象、そして霊体が視える人々の話などから。

自分が死んだ時に確かめるほかなさそうです。

 

可能性が1%でもあるなら生きているうちにやっておいた方がいいと思うことがたくさんあります。

地球がくれた大切なものが世界に溢れています。

今日死んでも後悔しないように生きるというのはそういうことではないかと思います。

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です