随筆 12 

当たり前になってしまうと、何もかも面白くないんじゃないか……

作業は慣れていいのだけど、人との関係性は簡単には慣れることはできない。

人間関係で問題を抱える人は多いようだけれど、問題を探さないということも大事だと思う。

問題は探すから見つかる。探さなければ見つからない。

また、隠し事は自分でトラブルを作ることだ。隠すから問題になる。隠さなくてはならないことなら、はじめからしないこと。とっても簡単だ。

嘘も同じ。綺麗事という嘘をつく人はとてもたくさんいるけれど、それはその人が善悪をジャッジしているからに他ならない。綺麗に言わないといけない、ということは、自分の考えは綺麗じゃないと、自分で自分をジャッジしている。そういう人は、誰かと本当の関係性は築けないだろう。

どう生きても自由だし、どう考えても自由なのだから、正直に生きて、それでも自分といてくれる人に心からありがとうと伝えれば良い。砂上の楼閣はいずれ崩れる。いや、もしかしたら本人の中では、はじめから壊れているのかもしれないけど。

こんなふうに人を見ている私はあまり誰かと話が合うことがない。それなのにある日突然誰かと出会って、その人が私を好きだなんて言ったなら

「この人気が狂っているのかもしれない」

といつも思ってしまうのだ。愛し合うことも当たり前ではない。誰かが自分を愛しているなど、奇跡のようなことだ。

ハムスターだってそうだった。なんで私といたいのかさっぱりわからない。なんで、私の手のひらで死ぬのかさっぱりわからない。なんで愛してくれたのか、全然わからなかった。

いくつになったとしても、慣れることばかりじゃない。いつだって新鮮で、いつだって驚くことがたくさんある。

いつまでたっても当たり前だと思えないから、目の前の人に、きちんと「ありがとう」も「愛している」も伝えられる。

相手が明日、もういないかもしれない。自分が明日、もういないかもしれない。いつまで一緒にいられるかわからないから、やりきっておくことが日々大切だと感じる。

いつか必ず別れが来る。

それを忘れなければ、何もかもが煌めいて見えて、万物を愛おしく思えるだろう。

 

このページに辿り着いたあなたに。

えにしにありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です