恋愛持論

恋い焦がれた人に対して、執着してしまうことは多いようだ。

私は、運良く?!好きな人とはいつも相思相愛になった。

なぜなのかと考えるとき、執着しなかったからなのかもしれないと思ったりもする。

大好きな人だからこそ、自由であってほしい。強制したくないし、独占したくない。

心の扉はいつも全開、入るのも自由、出ていくのも自由。

それは相手にはきちんと伝わっているようだった。

だから、相手は楽だったのかもしれない。始まりは……(笑)

 

だけど、その自由さが好きじゃない人もいる。

独占し支配することを愛だと勘違いしてる人は、相手を支配したがらないという考えを、愛されていないのだと思い込み、出ていく。

では、さようなら!

それでおしまい 笑笑

 

逆に私を支配したがる人は、何度伝えてもわかってくれない場合、私の人生をあけ渡すわけにはいかないので、さよならする。

私が誰かを好きなのは私の意思であり、私の選択であり、わたしの自由だ。

相手もしかり。

それが一致している場合のみ、共に生きることになる。

時に、自分を独占してほしい人ってのもいてこまる。浮気をして、相手が嫉妬するかどうか試すタイプのアレだ。

逆に不特定多数の粘膜常在菌など持ち帰られて、せっかく健康になった私に病気のリスクを与えられることは大変な迷惑である。

そんなことをして試さなくてはわからないということは、私を信用してないということになる。

信じることは愛することなので、愛し合っていないなとなり、それならば共にいる意味がなくなり、さようならとなる。好きな女と生きれば良い。

そんな私の自由さが怖くて、おちおち眠れないって人もいる(笑)

執着と共依存の関係を求める人を、わたしは必要としていなかった。

それは男然り女然り……

なので、コニーサンが最高だったわけだ。

彼は私を愛してくれていたけど、支配しないし支配もされない。

強く自立した優しい雄だった。

愛し合う相手は、ニンゲンとは限らない。

男とも限らない。

セックスするとかしないとかどうでもよい。

子供の頃から好きな人とは相思相愛になったけど、持続するかどうかはまた別の話(笑)

生き物は皆、自分の意思があり、自由であり、群れになって生きたほうがメリットが高いので、相互扶助で生きている……

ということを大前提としてわかっている人とじゃなきゃ、もちろん一緒になんて暮らせない。

お互いに別の誰かを好きになれば仕方ない。もしもそういう人がいなくて、嫌いにならなければ一緒にいればいいんじゃない?

といつも旦那に言う。

愛してる人を恋い焦がれている。

相互に支え合っていたい。

追いかけられるのは確かにありがたい。

愛されることもとてもありがたい。

だけどやっぱり、自分の意思で愛し続けていたいし、追いかけていたい。

 

そしていま、一番愛してるのは地球だ。

自分の命も地球にゆだねている。

地球が決めたことをそのまんま受け容れるしかしようがない。

つらくても悲しくても、出会いも別れも。

 

一期一会で人は生きていける。

相手がニンゲンじゃなくても多分生きていける。

地球が自分に組み込んだ間違いのない方向性の流れに、肩の力を抜いてゆるやかに乗っていたい。

多分それは……本能のままに、想いのままに生きよ!ということなんだろう。

だから、自分の思うがままに。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です