意識と事象

今年に入ってたて続けに「よくないこと」が起こっているように感じていました。

父が脳梗塞で倒れたのは単なる老化で、母が圧迫骨折でおもうように動けなくなったのも老化、長男が敗血症で入院を勧められたのも栄養不足、娘の急性胃炎は働きすぎ・・・・

理由を考えれば辻褄は合います。

辻褄があっていてもあっていなくてもそういうときの判断をするのは私が一番向いていました。その都度出向いて、指導してケアして、ホントに疲れ果てていました。

コニーサンの最後の遺伝子のリンが6月に逝ってしまったことで不幸のどん底にいる気分だったのも要因の一つです。

そんなある日、夕食の準備をしていて焼き物をひっくり返したときに鉄製のフライパンにいれた油が、運悪く私の両目全体にバシャッとかかってしまったんです。

「今日は油をいつもより多めにいれて揚げ焼きにしよう」

と、なぜかその日は思ってしまったんですね。

流水で冷やして精油原液を全体に塗り、ベランダの植物をはりつけながら、

「あぁ、私の何かが間違っているんだな」

と考えていました。

目は咄嗟に閉じたので両瞼や眉間、鼻、目じりや目の下が赤くなり痛くてヒリヒリしていましたが、1~2度程度の火傷なら精油とアロエベラで今までも治してきたので病院には行きませんでした。

ケロイドになった元旦那の火傷は1500度の溶鉱炉の蓋が背中に当たってできたものでしたが、いま瘢痕はありません。

太ももに熱湯をかぶって水ぶくれも出来た私の火傷も、あとかたもなく消えています。

今回は目の周りの皮膚の薄い部分なので心配でしたが、ケアに関しては過去に治してきたときと同様のことをしました。

父が半身麻痺になり、母が腰の圧迫骨折で動けなくなり、長男と娘も同時期に病・・・・。次々に家族がそんな風になり自分の自由な時間がとれなくて心身ともに疲れていました。

「私、何か悪いことしたっけ?」

という驕りがよくなかったんだと思います。行動には何も非がなくても、そういう意識の波長は決して幸せな事象を生みません。

近頃、家族それぞれの想いをきちんと受け止めていなかったのではないかと反省しました。

敗血症になった長男とも何が間違っていたのかについて話し合っていた矢先でした。

「感謝」と言葉で簡単に言いますが、言葉だけでは意味がありません。長男が歩いた時、病院にもスタッフにも主治医にも家族にも、周囲の人たち皆に感謝していました。最近の私には、愛が足りていなかったのではないかと顧みるよい機会になりました。

愛や感謝で満たされる毎日はこのうえなく幸福です。

皆大事に至らず喜ぶべきことなのに、私は疲れ果てていたのです。

家族がこうして皆笑って会えることや、助け合えること、夫がそれに沿ってくれていることなどに慣れすぎていたかもしれません。

そういう思いが、さらに意識が低くなるような出来事を引き寄せるのだといつも感じます。

何かを所有していてもしていなくても、幸福感は個としての富であり成功です。

たとえば、日本の大多数のビジネスやシステムのように人々をだまして搾取して多くを手に入れることを成功とは呼べないし、たくさん土地やモノを持っていても孤独で不幸な人は山ほどいますよね。

大切なことは、他者や環境に左右されない、幸福感で満たされた人生を送ることだと思います。これは誰にも奪われることも変えることもできないのに、周囲に分け与えることができる本当の富だと思うのです。

システムの中で生きていると、知らず知らずのうちに人間だけが創ったものに合わせようとしたり、日本人だけの情報や価値観が視界を覆ってしまったりしてしまいます。

目の前の大切な人たちへの「幸福」に貢献する気持ちも薄れていたのかもしれないと、大いに反省しました。

しばらく父が我が家に住んでいて一気にリハビリを進めたのですが、実家に帰ってからの父の表情が以前のように明るくなり、母の精神的な疲れも軽減したように見えます。

18に結婚して家を出て以来一緒に住んだことがなかったので、実際には父は私のスパルタなやり方に恐れおののいて家に帰りたくなりものすごく頑張ったのかもしれません。

でも結果的に両親が仲良く二人でやっていこうという気持ちになったことは、同居して継続的に助けるよりも喜ぶべきことではないかと思っています。

長男が敗血症で一応命に係わる状態であったにも関わらず、良い食品と出会っていたのでそれを摂らせて一日でほぼ正常値になったことや、夫が長男と一時的に同居を了承してくれて療養させてくれたことは決して当たり前のことではありません。

また再三の注意も訊かず、長時間勤務、連勤を続けて急性胃炎になった娘ですが、しっかり休ませてもらいなんとか職場復帰ができました。

私の火傷も三日でほぼ治りました。

もう5年半付き合っている夫ともだんだん馴れ合いになりつつありますが、そんな時だからこそ、

「あなたの幸せってどういう状態?」

と何度も聞いてみたりしています。

幸せのために一緒にいるのに、ちょっとした変化の確認や気遣いを怠っていたように思います。

今回の一連の事象は、それぞれの意識の低さから起こった必然のことで、改善すべきは意識を高く維持することなのでしょう。

辛く悲しいことももちろんありますが、それでもひとつひとつ受容して前に進んでいくことで、それも良い事象に転換されていくのではないかと思います。

 

そんな風に考えながら、生物にとって楽園ともいえる澄んだ空気と美味しい水と、肥えた土壌のある島に思い馳せ、アスファルトに塗り固められた街を眺めていました。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です