随筆 21

どんな形であれ、出逢う人とは出逢うものだ。

それに気づかずに通り過ぎてしまったら、運命はまったく違うものになるかもしれない……

今朝、いつものようにSNSの朝の発信をしていてとある名前に目がとまる。

失礼ながら、私はその人を知らずに今まで過ごしていた。

記事の内容はどうでも良かった。その名前を見たとき、なぜだかとても気になったのだ。

早速、検索してみたら…動画があった。

数分その方の話を聴いただけで、この引き寄せに感謝した。

彼が話していることは、常日頃から興味深いものだった。

私はよくこんな場面に出会う。先日も東京の研究会で、T大理学部で遺伝子研究をしていた方と、あることについて意見が一致した。初対面の頃から、私のようなど素人の話を真面目に聞いてくれた。キチガイじみた発言がとぶと、周囲の研究者はあっけにとられていた(笑)

 

真実は虚無

リアルはファンタジー

というのは私の造語だけれど、この意味は実はとても複雑なものなのだ。今朝はこれの一部を科学的に証明している博士を見つけたという印象を持った。

RNAが記憶するという話を聞いたことがある。これらは私にとっては、ワクワクするもののひとつだ。

自分の感覚でめいいっぱい確認したその後に、いつもふと図書館でそれを証明しているような科学の書物と出会ったり、ネット上である日、それらが目に止まったりしてとてもありがたいと思う。

無人島で一人生き抜けるような強さ

を小学生時から目標としてきた私は、自分の五感六感で、先住民の長のような知恵を体得したいと願ってきた。

 

科学は明日変わるかもしれない不確かなもの

だと考えているので、エビデンスを盲信することはないが、化学式や原子レベルで説明できないとしても、揺るがない何かを常に自分の知恵として持っていたいと考えている。そのために、世界の研究者が、緻密な作業を積み重ねて、人々に理解できるように説明されていることには、深く敬意を表したい。

そして、今朝インターネット上で出会ったのはこの人の名前。

調べたら「ビンゴ!」というに値する面白さ。

ということで、早速購入したのがこれ。

届くのが本当に楽しみ!!

なんで今までこの人を知らなかったんだろう?

そして、この人の役割って何なんだろう?などと考えてみる。

ノンフィクションファンタジーを実現するために、こうして様々な人の力を間接的にでもお借りし、集約していくような感覚。

いやーこのワクワク感、夫は

「はいはい、いつものアレね…」

って感じで冷ややかに私を見ていた。

 

他にも、女系でしか遺伝しないMtDNAについても、自分で確認できることはないだろうかといつも我が子を見ている。

でも、極論を言えば、動物実験までして、人間が何かをわかる必要はないとも思っている。

 

わからないことはわからなくていい

必要以上の好奇心は、転じて悪になる可能性も孕んでいるので、教育を当たり前と思っている私達先進国民は、知りたがることの意味を自覚しないといけないとも思っている。

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です