随筆 36

2ヶ月ぶりに東京に来た。

今回は4泊、けっこう長めの滞在だ。

まだ見ぬ人々と出会う。

つい8年前まで、私は知らない人になんて会う理由がわからなかった。

紹介されるのも好きじゃなかった。

ある日、あまりに熱心に、会ってほしい人がいると、うちに来ていた学生が言うので、渋々会いに行った。

それがきっかけだ。

若い頃は流れに抵抗ばかりして、自分の思い通りに人生を運ぼうとしていた。

今は自由になった。

来るもの拒まず去る者追わず

好きでも追わないのは性分だけど、人間以外にも適応するようになった。

今はこうかな……

必要ならば現れる

必要なければ消える

 

今年は新しい出逢いばかりが続いている。

波長の合う人が多くて嬉しい。

今夜、いったいどんな人と会うのだろうか。

目の前に、一本の道が明瞭に見える瞬間がある。

過去のあの点と、あの点と、今とが繋がった……

という感覚。

判断と選択に間違いがなかったと、自分を褒めたい気分になる瞬間。

 

だけど、本当は、自分に起こることはすべて必然なんだろうな。

そこにグズグズ言わずに、きちんと全てを受容すること。

それが、最短で後悔なき死に向かう方法だと思う。

 

朝やけは、途上国を思い出す。

 

Tutaonana tena.

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です