随筆 37

久しぶりに一日中、英語のスピーチを聴いていた。

いまや、自動通訳機が配布され、英語なんて出来なくても困らない……が。

そんなに難しい話をしていないので、私のような、海外旅行に困らない程度の初歩的な英語しか話せなくても8割くらいは聴き取れる内容だった。

思いがけず、英語の勉強になった。この三日間、しょっちゅう出てくる言い回しくらいは覚えられるかな。

立食パーティーでは同じテーブルにアメリカ人がたくさん来ていた。

かき氷を珍しそうに皆さん食べるものの、少し食べて残していた。単なる水と糖分なので、期待するほどのスイーツではなかったのだろう。私は焼き鳥を彼らにお勧めした(笑)飴細工の職人技には大絶賛で、日本の食文化を面白い角度から改めて見直したりできた。

私は人体に最優先なのは、メンタル、つまり考え方で、次が食、その次が環境、それでもどうしようもないときは、医療かなと考えている。

考え方と食で大半のことは自然治癒するだろうけど、多分忍耐力のなさと不必要な恐怖が人々のそれを邪魔しているのだろう。

自然治癒シリーズに書いてもいるし、子供の頃からの個人的な考え方だけど、どんなに素晴らしい肩書でも、ニンゲンごときに生物の神秘なんかわからないと思ってる。

だから、絶対に何も盲信しない!(笑)

命や進化でさえ、本当はみな、自己責任。盲信して依存したいのはわかるけど、全員いずれ死ぬからそこは恐怖ではなく、潔くいきたい。

だけど、モノとも食するものとも、いまや危険な日本では引き寄せが大切。

自分の波長にあったものは、自然に目の前にやってくる。

どんなに他者に勧めても波長が合わない人は、よいものを取り込むことすら簡単ではない。

引き寄せとか法則とかどうでもいいけど、あれ、人と人だけじゃないと思う。動物ともモノとも植物ともそういうのがある。

あー、こんなこと考えてたら、Hiltonに泊まってるのに無人島で裸で生きたくなってきた。

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です