随筆 64

一日に出来ることなんて限られているのに、やりたいことがありすぎて困る。

旦那もいるし、子どももいるし、優先順位は必ずしも自分……というわけにはいかない。

そんな生活を18歳から送ってきた。

それでも、僅かな時間の繋ぎ合わせでまたひとつ、面白そうな資格を取得しようと考えている。

食や健康の資格なので、既に知っていることが殆ど。内分泌や自律神経の復習をして、もう少し知識を掘り下げるだけで取得できそうだ。

でも、テキスト読みながら実は

「は?あまりにも偏ってるねーこの考え」

なんて独り言呟いてる。テキストよりも自分の長年の経験と体感を信じている。ま、ライセンスは割り切りが大事(笑)

判断できない人に納得させるために取得するのがライセンスで、実際それをできるかどうかは経験さえあれば、ライセンスを上回る。

本来はライセンスで判断するのではなく自分の五感で信頼できる人を選択してほしい。

エドガー・ケイシーも、確か医師ではないけど治療するよね。

私も自然療法でガンが消えたという人を何人も知っているけど、ライセンスより、実際治れば問題ないわけだから、フィジー人のようにノニと海水でガン消すほうが余程正しい気がする。

古代、ライセンスは大切な指標だったのだろうけど、いまや、それより五感とシックスセンスの方が信じられる。

一応、人に伝えるときわかりやすいとは思うけど、学歴と同じで、義務教育しか受けてなくても天才は天才だからね。

全員が正しく判断できたら、資格なんて要らないのだろうけど、判断できない人が多いからこうなるのだろう。

なんてゴチャゴチャ言ってみるものの、勉強は最高の娯楽。

それを気分よく進めるために一人でこんなところに3時間もいた。

今日も皆さんありがとう

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です