随筆 65

ファンタジーの主役になるためには、自分の現実的な立ち位置を常に俯瞰的に見る必要がある。

もしも自分の想いが先行して、周囲の人々の目線に立てなければ、ファンタジーではなく、サーカスのピエロになっているだろう。

嘲笑されていても本人は気づかない……

よくある光景だ。

でも、嘲笑するような人にはなりたくないし、自分が気づいたなら、嫌われてもきちんと伝えることも愛の一つだ。伝えないなら、嘲笑せずに、本人の気づきをじっと待つこともあるだろう。

認めたくない自分の姿。

それでも認めないと、何も進まない。

事実を受けいれた先にしか、新天地は表れない。架空の世界や、過去に住んでいては、いっこうに未来に向かう扉は見つからない。

人はいつも自分と誰かを比べ、優位に立とうとする。生命として優劣がなくとも、数値化されたデータでは上下は存在する。優位だと認めるのは第三者であって、決して自分ではない。自己評価はほぼ意味をなさないことを自覚しなければならない。

 

男だから

女だから

若いから

年老いているから

だけでは、人を一律に括れない。

 

自分の人生のファンタジーを創ったつもりが、いつのまにかコメディになっていないよう、淡々とやるべきことは積み重ねていきたい。何年かかろうと、評価などに一喜一憂せず、足下をかためる事が大切である。

 

宇宙から自分を眺めて……、

 

今日も、皆さんありがとう

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です