随筆 90

離れたくないって思うような人ってどんな人だろう。

還りたいって思う人ってどんな人だろう。

友も恋人も家族もみんなベースは同じ。

そういう人って多分、幸福を与える人なんだろう。

いくら家族でも、自分を認めてくれない人とは一緒に暮らしたくもないし、いくら家族でも、泣き言ばかり言う人とも幸せは感じない。いくら家族でも呑んで暴れる人とは暮らせない……

そこに血のつながりとかは関係なくて、相手が人でも動物でも、一緒にいて幸せなら、離れたくないって思うものだろう。

孤独が怖いからこいつを捕まえておこう……っていう執着ではなく、金持ってるからこいつを捕まえておこうっていう計算でもなく、そばにいて幸せだなあと思える人とは離れないし、離れていても還りたくなるものだ。

執着や計算でいる相手は、誰に代えても自分の満足度にさほどかわりない。似たようなものがあればオッケーだ。

だけど、心の充足はそうはいかない。

これが互いに起これば、どちらかが死ぬまで離れないだろう。

そういう結婚をしなくちゃいけないな。

一度きりの人生だから、相手の幸せと自分の幸せがかけ離れてしまったら、お互いの幸せを願って別れられる夫婦でありたい。

と一方的に思ってみても、なかなか通じないときもあるのだけれど。

今のところ、戸籍を外してる旦那とは、そこは一致してるのだと思う。

自分が何を与えているのかよくわからないけれど、彼は最近幸せそうだ。だから、一緒にいてもいいのかなと考える。

私はたくさんのものを彼からもらっていて、息子や娘とも一緒に生活できて本当に幸せである。

他人なのに、離れないね。

名前があってもなくても、婚姻届を破って捨てても、私達は一つの生命なので、お互いの意思で生きることができる。

これほど自由で幸せなことはないと思う。

戸籍を消せたらさらに幸せ。

姿を消せたらもっと幸せ…かな。

透明人間になりたいかも。

 

今日も皆さんありがとう

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です