ウータンさよなら

2018年3月24日

また悲しいことが起きました。

小さな小さな彼ら。

なのに私にあんなことを・・・・

数日前、脚にけがをしていたのです。

 

 

巣材がひっかかって、なかなかとれないので慎重に鋏で切り取りました。

様子を見ていましたが少し残った巣材をとろうとしたのでしょうか?

翌々日には脚に怪我を負っていました。

 

消毒はしましたが、多分、痛みも酷かったのでしょうね。

数日後の朝、掃除と体調チェックのとき、なんだか動きがおかしいウータン。

 

いつものようにお昼まで眠り、一旦起きたので、ケ―ジを開けると、すぐに部屋に出てきましたが、確かに元気がなく、動きが鈍い。

 

いつもなら喜んで走り回り自分の家に戻るのに、私の膝に必死でよじのぼってきて離れないんです。

 

「おかしい・・・・。ウータンは控え目で、こんなに私に甘えたりしない。」

 

病院に行こうと一旦ケージに戻して連れていく道中、どんどん動きが鈍くなり、結局、閉まっていたため引き返しましたが、もう病院に連れて行かないほうがいいなと感じました。

 

餌は前日から食べておらず、時間の問題だと思いました。

 

少し前から、大好きな麻の実をいつもの場所で食べることが無くなり、なかなか起きてこなかったり、ヨーグルトも欲しがらなくなり、野菜も少し食べて押し返す・・・・。唯一、ベランダでできたとれたての小松菜をあげた時は美味しそうに食べました。

 

弱っていたところに、脚のけがで、一気に体力がおちたのかもしれません。前日まで歩行は普通で、回し車で走っていました。

 

帰宅して、再度ケージを開けると、やはり私の上によじ登ります。そしてまた、私から離れなくなったんです。

 

セーターの中に潜り込み、その中で眠りました。そんなことは今まで一度もありませんでした。

 

目が覚めて一度トイレに自分で帰りましたが、水も飲めない様子。ヨーグルトは少し食べましたが、大好きな麻の実も掌からあげても、すべて吐き出しました。

 

私のお腹のあたりや、脇腹にも潜り込んで、一旦セーターから出ても、私の脚にくっついて眠り、もう水も口元にもっていってもなめたりもしない。

 

娘と少しだけ交代してもらって夕食をつくりましたが、戻るとまたすり寄ってきて

 

「死が近づいていて、とても不安なんだな」

と思いました。

 

同時に、いつも我慢して大人しくしていたけど、こんなに私を愛してくれていたんだなと。

 

体がいよいよ動かなくなる直前、私の脚にくっついて横になっていたウータンが、しばらく私を見つめて何かを訴えていました。

このあと、ぐったりして身体も動かせなくなり、私の掌の上で呼吸困難になりました。

4時間、その状態でウータンの身体を撫で続けましたが、未明に逝ってしまいました。

 

ココの最期と違って、息が苦しそうになってもずっと私を見つめていて、

「ああ、まだ生きたいんだな」

とわかりました。諦めていないんだって。

 

ハムスターは「観賞用」ペットだと書いている人がいますが、あれは違います。ニンゲンが他生物より優位な種ではありません。

 

地球の上の対等な仲間です。

植物も昆虫も、みんな同じ地球の仲間です。

 

この小さな体で、言語もなく、懸命に私に訴える姿は忘れられません。

12時間寄り添いましたから後悔はありませんが、やはり誰が逝ってもこう想います。

 

今度生まれ変わったら二度とニンゲンなんかに見つかるな

 

私のもとに生まれてきてくれてありがとうね

 

とも。

 

まだ7匹います。それぞれに性格が異なり、私と話が出来る子と、出来ない子もいます。ウータンは話が出来る子でした。

 

 

 

以前も一度に10匹と生きたからわかることに書いたように、後ベイビーズのなかで、一番弱くて一番優しい雄でしたから、もしも野生に生きていたら餌にありつけなくてもっと早くに死んでいたかもしれません。

 

前ベイビーズのモグタンも里親さんのところで月齢二か月足らずで逝ってしまいました。他の子に餌をとられて逃げている子でした。

 

憎まれっ子世にはばかるとはよく言ったもので

他人の物を奪うくらいの人の方が長生きなのかもしれませんね。

 

 

1歳4か月。

とても短い時間だったけど、確かにウータンと一緒に生きていました。

 

今朝、レダの根元に葬りました。

 

万物に愛を

 

今日も皆さんありがとう

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です