18歳から続けている食

家を出たのが18でした。

その年から続けていることはいくつもありますが、食事の選び方はその一つでもあります。中3くらいから家族の中で自分だけ食事が異なるようになりました。高校生の頃は母にお弁当は断り、学食で珈琲だけ飲んでいました。夜もさほど食べませんでした。断食を始めたのはその頃です。

家を出てすぐに結婚したので、家事は基本的に私のやり方を貫いてきました。

 

このブログのカテゴリー、Health & Beautyにも書いていますが、30年以上続けてやっと結果が見えてきたということは多くあります。

数年ではお試し期間、人に話せるようなことはほとんどないでしょう。

 

何を食べるかは個々によって違いますが、冷凍食品はもう30年以上買ったことはありません。電子レンジは使わないし、そもそも家にもありません。初めて購入したのはオーブン機能だけのもので、離婚して次にそれがみつからず電子レンジ付きのものを買いましたが私は気持ち悪くてあまり使ったことはありませんでした。結局それは廃棄してまたオーブン機能だけのものに買い替えました。

薬の服用はかれこれ20年以上ないと思います。

お米よりパン派ですし、糖質など気にすることもありません。オーガニックに拘ったり玄米ばかり食べることもありません。

ただ、18歳からずっとバランス重視で手作りの食事を作ってきました。

家族の身体を守ろうと思えば必然的にそうなりました。料理上手ではなかったかもしれませんが、○○式などを妄信しないよう、試行錯誤しながらバランスや個々の体質を軸に考えてきました。歳とともに脂っこいものが欲しくなくなると言う人が多いですが、私は高校生くらいから焼き肉やお寿司に魅力を感じなくなりました。

家族が食べたがるので仕方なくハンバーグや肉料理もしますが、自分一人ならスープやフルーツやパン、サラダが好きです。和食も作りますがみそ汁は2~3か月に一度作ればよい方です。

何より大事だと思うのは五感と第六感で、それを研ぎ澄ませ、いま、自分の身体が欲しているものを素直に食べるようにしています。

お付き合いで飲み会などに参加して食べるととても身体が疲れて、そのあとは断食したりします。現在そういう店もない田舎に移住した生活は私にはとても快適です。

バランスさえとれていれば全く好き嫌いがないので、朝ごはんをメインに、昼や夜は朝で足りないものを軽く補う程度の食生活をしています。

家族は全員三食しっかり食べます。個別対応なので強制もしませんし、私があまり肉を食べなくても肉料理はします。

正しい食生活なんてないでしょう。その人が、選択するものが正しいのです。

過去の環境、食事、生活習慣と、他者のそれは異なります。

もしあなたがまだ若者で、健康に生きてみたいと思われるなら、体質改善は今日からぜひやってみてください。30年くらいしたら人と何が違うかわかってくると思います。

 

けれど、運動などは60から始められた人もいて、ジムで80歳の方が

「20年続けてるのよ」

と言って元気にマシンをやっていたりすると、何歳からでも可能性はあるのだと感じます。

美容に拘る人がいますが、食べたもので肌も筋肉もできているので、美しさの秘訣は細胞の健康度だと思っています。上から塗るものではないし、老化の恐怖に苛まれるとその塗っているものが非常に危険かもじれないということに気づかないこともあるでしょう。

何より全身を巡る血が何で出来ているか、どう脳の中に入っていくかを想像することも大切だと思います。

食べるもの、大切にしたいものです。

殺した数え切らない命を無駄にせずに生きたいと思います。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です