18歳から続けていること

家を出たのが18でした。

その年頃から続けていることはいくつもありますが、食事の選び方はその一つでもあります。

すぐに結婚したので家事は基本的に私が決めて、私のやり方を貫いてきました。

「ゆるやかな食育」をテーマに、あるアカウントで3年以上毎日、食事を中心に写真と言葉をあげています。

このブログのカテゴリー、Health & Beautyにも、食べたものでその頭はできてるんですよ、ってなことを書いていたり、30年以上続けてやっと結果が見えてきたりということをお伝えしたりしています。

何を食べるかは個々によって違いますが、私は冷凍食品はもう30年以上買ったことがないし、電子レンジは使わないし、そもそも家にもありません。

薬の服用はかれこれ20年以上ないと思います。

お米よりパン派ですし、糖質など気にすることもありません。オーガニックに拘ったり玄米ばかり食べることもありません。

ただ、18歳からずっとバランス重視で手作りの食事を作ってきました。

家族の身体をまもろうとしたら必然的にそうなりました。料理上手ではなかったかもしれませんが、バランスや愛情を軸に考えてきました。

歳とともに脂っこいものが欲しくなくなると言う人が多いですが、私は高校生くらいから焼き肉やお寿司に魅力を感じなくなりました。

家族が食べたがるので仕方なくハンバーグや肉料理をしますが、自分一人ならスープやフルーツやパン、サラダが好きです。

煮物は食べますが和食には拘りません。

いま、自分の身体が欲しているものに素直に食べるようにしています。

お付き合いで飲み会などに参加して食べるととても身体が疲れて、そのあとは3日ほど断食したりします。

バランスさえとれていれば全く好き嫌いがないので、ここ数年は、朝ごはんをメインに、昼や夜は朝で足りないものを軽く補う程度の食生活をしています。

家族の分は作りますが、自分は試食程度で終わらせるか、一食しか摂らないことも度々です。

正しい食生活なんてありません。

その人が、選択するものが正しいのです。

私の過去の環境、食事、生活習慣と、皆さんのそれは異なります。

もしあなたがまだ若者で、今から30年は健康に生きてみたいと思われるなら、体質改善は今日からぜひやってみてください。30年くらいしたら人と何が違うかわかってくると思います。

 

けれど、運動などは60から始められた人もいて、ジムで80歳の方が「20年続けてるのよ」と言って元気にマシンをやっていたりすると、何歳からでも可能性はあるのだなと感じます。

美容に拘る人がいますが、食べたもので肌も筋肉もできているので、美しさの秘訣は細胞の健康度だと思っています。

何より全身を巡る血が何で出来ているかに拘って交尾する相手さえ選ぶべきだなと思う今日この頃(笑)

食べるもの、大切にして下さい。

殺した命、無駄にせずに生きてください。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です