体質に合う食

15年ぶりくらいのインフルエンザ?で死んでます……

引っ越しして以来、まだ前の大阪に勤める夫と娘?!

娘は始発、夫は終電。私は始発に合わせ4時起き、夫に合せて就寝も遅く……。

夫もずっと体調を崩していました。ラッシュの電車でウイルスもらったんでしょうね。前は徒歩で通える距離でしたから。

でも何より自分によくなかったのは、多分地産地消のために、好きでもない米や和食を食べていたこと。一年ぶりくらいに味噌も買って、味噌汁や煮物を中心に料理してたんですね。

日本人には良いといわれるものですが、私は幼少期から白米や味噌汁はあまり好きではありませんでした。

夫や娘は米好きなので、美味しい村の米に喜んでおります。私も今まで食べてた米より断然美味しいとは感じています。

しかし、吐き気、頭痛、眼痛、胃痛、咳、鼻水、脚の痛みなどの全身症状が出ているなかでも、うまいと思って食べられたのはやはり食パンでした。

もちろん無添加の。

大阪市で生まれ大阪市で育ち、隣は焼き立てパン屋さんでした。一日二食はそこのパンを食べていました。

排気ガス、光化学スモッグの中で育ち、果ては市内でも一、ニを争う空気の悪さの交通量の多い街に20年近く住んでいました。

こちらの水は美味しいです。いくら浄水器を通しても水が飲めなかった私が、ここの水は飲めるので、淀川よりずっと水が良いのかもしれません。

クロスバイクで買い物に行くときも帰ってくるときも、空気と景色にはストレスがありません。心身が落ち着きます。

だからここの食材を活かすために和食をメインに頑張ってたんですよね。家族には好評だったのてすが……滅多にしないことをするのは良くないですね。免疫力が落ちていたのかもしれません。

お米も時々食べる会席料理くらいなら美味しいと思えるのですけれどね。白米をたて続けに食べると必ず調子がよくないんです。

フィジーに行ったことがある人は知っていると思います。

フィジーのパンは、物凄く美味しいのです。イギリスの植民地だったので、イギリス人が教えたのでしょう。途上国に対して先進国がシステムの洗脳をすることには嫌悪感を覚えますが、それだけは有り難いと思いました。

どんなに高級な日本のパンよりもフィジーのパンが美味しいのは、あの水ではないかと思います。

私が自分のためにやらなければならなかったのは、ここの野菜や水で粉類に合う料理をすることだったのかもしれません。

家族と食が合わないのです。海外でもローカルな場所に行くのが好きなので、屋台などで食べ、腸内細菌が大きく異なるのかもしれません。

米は二人にメインで食べてもらって私は全粒粉、ライ麦粉、蕎麦粉などの主食とハーブとナッツとドライフルーツなどを多食したいです。

だから、ここでハーブを育ててみようと庭にいくつか植えてみました。

小麦がよくないと言う人もいるけれど、糖質制限もグルテンフリーも私にとっては今のところ関係ありません。四十肩や五十肩、更年期など年齢で発症すると思われた症状がまったくありません。あれ、年齢でなるものではなかったんですね。

日本のいにしえの都にまでやってきて、日本文化にどっぷり浸かりながら主食がパンだとか、あまりに残念すぎます。

でも、環境は最高です。ここの空気は香りがとても良いのです。

出会う人も良い人ばかりです。

美しき風景に癒やされながら、自分に合う食を継続します。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です