Tanzaniaで生活してみた!Part 5 Esta MamaのHerb Tea

いつも寄せてもらうあの活動的な彼の奥さんがEsta Mama

彼女の献身的な仕事には頭が下がる。

夫が突如連れてくる客人にお茶を出すのも、日本のようにキッチンでガスコンロをひねるだけという、容易なものではない。

井戸や薪で原始的な生活

離れた井戸から汲んできた水。

小屋の中で薪に火をいれて石の上に一つ置かれた鍋。

お湯を沸かすのにも時間を要する。

そして彼らの育てる鶏の貴重な卵をたっぷり使ったチャパティ。

こちらでは卵はバラ売りで高価だ。めったに私も買わない。おまけに彼らの農園の作物は有機ですべて栽培されている。

デザートにいつも出してくれるマンゴーについては、日本での価格を伝えるとびっくりしていた。

こういう気持ちで口に入れる彼らの作ってくれた食事は、高価なレストランの料理よりも、私の身体の中で栄養になるのだろうと思う。

f:id:MahiroShu:20160215133845j:plain

(これがEstaMamaのチャパティとハーブティ)

 

愛と感謝でいっぱい

そういうわけでチャパティには愛がいっぱいなのだ。

チャパティはたいてい一人に三枚は焼いてくれる。→作り方;Chapati Mahiro

大変だと思う。外の薪で石を積んだ簡易かまど。フライパン一つ、火の加減を調節しながら、一枚ずつ丁寧に焦がさずに焼いていく……。

水道がないので、食前食後にはいったん沸かして冷ましたぬるま湯を、手洗い用に持ってきてくれる。

偶然、私は日本からハイビスカスのハーブティーをもっていったのだけれど、それらは彼らの農園にもあって、私が今まで飲んだどのハイビスカスティーよりもおいしいブレンドで提供してくれた。→作り方;Esta Mamaのハーブティー

 

そしていつも

「おかわりは?」

って聞いてくれる。

ポットから半分だけカップに注がせてもらうと

「なんでいっぱい入れないの?」

って満タンにされる。

 

夫婦ともに愛情に溢れている。

幸せってこういうことを言うのだと思った。

自然発生的に湧き上がってくるものであり感謝で、言葉で表現しても心を伴わないものはそれとは異なる。この二人にはそれがあった。

途上国にいって高級レストランで食事をしたり、リゾートホテルに宿泊したことはないけれど、その地に少しでも融合できることが嬉しい。

彼らの村で共存できるかどうか。そんなことを考えながらあちこちに行った。

カンボジアでスラムを歩いたのも、小学校に入ったのも、フィリピンで村に入ったのも同じ想い。

一期一会の思い出が積み重なっていく。

地球人でよかった・・・・・

 

マラリアは大丈夫か?!

予防接種、何もせずに来てしまった(笑)

かわりに、精油をたくさん持参した。ありがたい古代から伝わる植物の恵みだ。

マラリアに効くという樹皮らしい。

もし長期で滞在するなら、これから薬の代用品を作ろうと思う。

IMG_1627

 

 

EstaMamaいつもありがとう。

 

続きはこちら↓

Tanzaniaで生活してみた!Part 6

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です