Tanzaniaで生活してみた!Part 5 Esta MamaのHerb Tea

いつも寄せてもらうあの活動的な彼の奥さんがEsta Mama

彼女の献身的な仕事には感激します。

夫が突如連れてくる客人にお茶を出すのも。日本のようにキッチンでガスコンロをひねるだけという、容易なものではありません。

井戸や薪で原始的な生活

離れた井戸から汲んできた水。

小屋の中で薪に火をいれて石の上に一つ置かれた鍋。

お湯を沸かすのにも時間を要します。

そして彼らの育てる鶏の貴重な卵をたっぷり使ったチャパティ。

こちらでは卵はバラ売りで高価です。めったに私も買いません。おまけに彼らの農園は有機ですべて栽培されています。デザートにいつも出してくれるマンゴーの、日本での価格を伝えるとびっくりしていました。

体の中からしみいるようなありがたさと、こういう気持ちで口に入れる彼らの作ってくれたものは、きっと私の中で高価なレストランの料理よりも、ずっとずっと栄養になるのだろうと思います。

f:id:MahiroShu:20160215133845j:plain

(これがEstaMamaのチャパティとハーブティ)

 

愛と感謝でいっぱい

そういうわけで愛がいっぱいなのです。

チャパティはたいてい一人に三枚は焼いてくれます。→作り方;Chapati Mahiro

大変だと思います。外の薪で石を積んだ簡易かまど。フライパン一つ、火の加減を調節しながら、一枚ずつ丁寧に焦がさずに焼いてくれていました。

水道がないので、食前食後にはいったん沸かして冷ました白湯を、手洗い用にもってきてくれます。

偶然、私は日本からハイビスカスのハーブティーをもっていったのですが、彼らの農園にもあって、私が今まで飲んだ、どのハイビスカスティーよりもおいしいブレンドで提供してくれました。→作り方;Esta Mamaのハーブティー

そしていつも

「おかわりは?」

って聞いてくれます。

半分だけカップに注ぐと

「なんでいっぱい入れないの?」

って満タンにされます。(笑)

夫婦ともに愛情にあふれてます。

もう本当に幸せってこういうことを言うのだと思います。

 

愛の循環は自然に起こってくるもので理論で教えられたりするもんでは絶対にありません。

自然発生的に湧き上がってくるもの

であり感謝です。

途上国にいって高級レストランで食事をしたり、リゾートホテルに宿泊したことはありません。

その地に少しでも融合したくて、FIJIでもリゾートには行ったことがありません。

彼らの村で共存できるかどうか。そんなことしか考えていなくて観光には興味がありませんでした。

カンボジアでスラムを歩いたのも小学校に入ったのも、フィリピンで村に入ったのもいい経験でした。

でも

共存したいと思ったのは今のところFijiとTanzaniaだけです。

とてもいい出会いをいただけたと思っています。

 

地球人でよかった・・・・・

 

マラリア大丈夫か?!

ちなみに予防接種、何もしてません(笑)アロマオイルだけは全部持参してるから、これでがんばります!

ありがたい古代から伝わる植物の恵みです。

マラリアに効くという樹皮で、薬の代用品を作ってみたいなとひそかに思っています。

IMG_1627

 

EstaMamaいつもありがとう。

 

続きはこちら↓

Tanzaniaで生活してみた!Part 6

※(写真の転載はご遠慮ください)

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です