食を大切に 2

高価な食材を買い揃えて、丁寧に調理して、テーブルに並べるのも一つの感謝のあり方です。

ですが、土から共生して有り難くそれを身体にとりこむ毎日は、都会にいたときの感謝とは雲泥の差。

20年近くベランダで、バラやハーブを無農薬で育て、身体にとりこんできましたが、場所をとるうえにあまり興味のなかった野菜栽培にまで手をそめてしまいました。そうすると、もう、他の農家さんの作物までありがたいとしか思えなくなりました。

畑には50種ほど少しずつしか育てていないので、数回食べるともう終わってしまいます。

畑の隣人が、私達の栽培していないものをおすそ分けしてくれたりしますが、スーパーでもまだかなり買い物をしています。

自給自足には、まだまだです。

草抜きに毎日数時間かけながら、雑草と呼ばれる草を眺めていると、昆虫は雑草が好きなんだなぁ…と感じます。

よくわからない幼虫が今日も雑草を食べていました。おかげで近くにある、私達が食べようとしている植物は助かっているのかもしれません。

 

ある日の収穫

もちろん、トウモロコシが好きな昆虫や、キャベツを食い尽くす昆虫もいますが、きっと、地球が生かしてあるものだから、本当はそこに必要なのだと思います。

優劣をジャッジせずに万物を見れば、やはり、身体に取り込んだものの命を無駄にするようなことはできないと思うわけです。

土と一口に言いましても、微生物がたくさん生きていて、そのおかげで植物も元気に生きるわけですから、土は腸内細菌みたいなものですね。

安易に薬をまいてしまうと土が死んでしまうでしょう。

そうするとまた、そこに根づいた植物は何らかの不具合を起こしていくのです。

人間ごとき、初めから何もしないでおくことが、多分地球の正解なのです。

悪循環ばかり起こしてしまうニンゲン。

もはや誰に期待もしていませんが、遅ればせながら、せめて自分だけは、少しずつ地球に添えるような暮らしにシフトしていけたら幸いです。

今日は赤紫蘇を買いました。手にとってみると、誰かが大切に育てて分けてくれているのだなと思いました。

うちの畑ではまだ大きくなっていません。

 

初夏の恵みを一足はやくいただきました。

 

昨年、こちらに越してきた際は、お店で購入して飲みました。

今年はたくさんシロップを作ったので、しばらく飲めそうです。

 

季節のものは、薔薇の花のように、年に一度出会えることを楽しみに待ちたいものです。

そして、間違っても欲を出してたくさん独占したりせず、丁寧に大切に手間暇かけていただくこと。

分けてくれた農家さんにも報いることができるでしょう。

 

ある日の収穫

 

トウモロコシの皮を干してクラフトに

 

自家製バジルのジェノベーゼソース

 

何より、こうして丁寧に食べ物(植物)を扱うことは、自分の身体の中に光となって浸透するような気がするのです。

 

 

感謝の心は、無理矢理もつものではなく、自分のちっぽけさと、壮大な地球の恵みを知っていれば、誰にでも持てるものです。

生きることは殺すこと、

そして喰らうこと。

食の背景を考えながら選んでみたり、自分や誰かのために、丁寧に大切に植物を扱ってみると、きっと幸せになると私は思うのです。

 

今日も皆さんありがとう。

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です