瞳のきれいな人が大切にしていること

言葉が澄んでいて、真っすぐな姿勢と真っすぐな視線。

時折見せる、社会の中で生きるために仕方なく対応する憂いの表情。

そんな彼は、信用も信頼もできる人だ。

 

彼との出会いは次男を通じて。

次男を「家族」だと言ってくれる人。

 

彼は言う。

 

この国ではお金が最優先だと思い込んでる人々ばかりだと。
横領や搾取はどこにでもあるのだ。
だから人々は誰かを信用できない。

 

昨年もお世話になった農夫の彼。

今年もこの人にお礼に行くのがアフリカ渡航の最大の目的だった。

 

大切なものが揺らがない50代の彼は、元神父。
「お金は二の次三の次なんだ」
生きていくのに大切なのは食べ物で、だから有機農業をしているという。
家族を守るために。自分を守るために。

でも何より大切なものは「愛」だと説く。
彼の妻であるESTAMAMAもいつもそう言っている。慈愛に満ちた女性だ。

話をしていて聡明な女性であることはすぐにわかる。しかし、彼らは決して裕福ではない。

彼らは言う。

愛があればやがてお金にも困らなくなる。

愛があれば家族ともしっかり助け合っていける。

とても複雑な家庭環境に生まれた彼は、皆さんが想像するような人生を送ってはいないだろう。かつて彼は、様々な民族語を勉強しながら50以上の村に布教にまわっていたそうだ。

敬虔なクリスチャンである彼は、自分の畑でとれた作物をいただくときも、鶏の卵で焼いたチャパティを食べるときも、チャイを飲むときも、お祈りをして感謝の言葉を代表して述べる。食事が終わった後も、遠出するときもである。

彼は、昨年私が帰国する時も、空港まで見送ってくれて「日本まで無事に何事もなく到着できるように」とお祈りをしてくれた。

(昨年の彼のことについてはコチラ「農夫の彼から学ぶこと」)

 

今回こちらに来た時も家族総出で私をもてなしてくれた。
日本でも私は彼をみならってお祈りならぬ感謝の言葉を食事の前に唱えていた。

「いただきます」「ごちそうさま」という言葉に慣れすぎて、心がそこにない日本人。

命の循環からはるか遠いビルとアスファルトの世界に生きることが、まるで人間として優れているかのような「錯覚」。

この国の人たちは本当にそれで幸せなのだろうか。そして、先進国に憧れるそれらの国の人々も同じ道を辿るのか・・・・

 

毎日手作業で草むしりをし、作物の状態を見て家畜の世話をする彼らは、命ととても近くに在る。

自分が地球の一部であり、自然の一部だとわかっている。

 

だからなのか、この村の人は作物をとても大切にする。

日本でいうところのチンピラ風の団体の車に乗ったとき、肩を組んできた男性が、自分のポケットから

「これあげるよ!」

的にマンゴーを私に差し出した(笑)いくら田舎育ちでも、日本のチンピラなら、女を口説くためにポケットから果物を差し出したりはしないだろう。

 

そして今日、また彼の家族が私に夕食を用意してくれるそうだ。

手土産に対してのささやかな返礼らしい。

 

彼らといると、命の循環をダイレクトに感じることが出来る。

生きるとは殺すこと

私たちはたくさんの命を殺して生きている。

 

カレルチャペックの言葉にこんなものがある。

「ひとつの鉢の中に宇宙がある」

化成肥料や農薬を使わずにやってみることをお勧めする。

農業や家畜に携わらなくても、一鉢くらいの植物なら、どこにでも置けるとおもう。

全員がそれをすれば日本に緑が増える。

野菜でなくてもいい。花も生きている。

そうすれば感じるはずだ。宇宙があるというのは本当だということを。

この地球に在るものは、なにもかも命なんだと実感できるだろう。

 

 

今日も万物に感謝。

 
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です